1995年の映画『JM』に出演していた北野武とキアヌ・リーヴス
 - Gareth Cattermole / Getty Images

写真拡大

 ウィリアム・ギブソン原作、キアヌ・リーヴス、北野武出演の1995年のSF映画『JM』がテレビシリーズ化されることになったとDigital Spyなど複数媒体が伝えた。

 本作は、大容量の情報を運ぶために、特別な記憶用チップが埋め込まれたデータ運び屋を描くSF作品。映画版では、キアヌが主役のジョニーを演じた。

 テレビシリーズの配給を担当するプロディジー・ピクチャーズの代表であるジェイ・ファイアストーンが、本作の脚本担当として、「スターゲイト」シリーズの脚本家数名にすでに話を持ちかけていると明かしている。

 オンエア時期などは未定。(鯨岡孝子)