BD「ガルパン4」最高初週売上、第2巻の2.5万枚を上回る2.8万枚に。

写真拡大

茨城県大洗町を舞台に、女子高生が戦車を使った武道「戦車道」に奮闘するTVアニメ「ガールズ&パンツァー」のBlu-ray Disc(以下BD)第4巻「ガールズ&パンツァー4」(4月24日発売/バンダイビジュアル)が、発売初週で2.8万枚を売り上げ、今週5月6日付けのオリコン週間BDランキングで初登場総合2位を獲得したことがわかった。

初週売上は、今年3月4日付けで記録した同シリーズBD第2巻「ガールズ&パンツァー2」(今年2月発売)の2.5万枚を上回り、シリーズ最高初週売上を更新している。

本作は、昨年10月からBS11ほかで放送されたTVアニメシリーズで、「けいおん!」の吉田玲子が脚本を担当。第6話と第7話を収録し、初回限定版、通常版どちらも特典映像には完全新作OVA第4話「アンコウ・ウォー!」が収められている。