フィーゴ、アスペジの独占輸入販売権取得

写真拡大

 ユナイテッドアローズが4月30日、関連会社フィーゴがイタリア発のブランド「ASPESI(アスペジ)」の独占輸入販売権を取得したことを発表した。今後、正式な契約書を締結し、2014年春夏シーズンよりフィーゴが販売を開始する。

フィーゴがアスペジの国内販売権取得の画像を拡大

 「ASPESI」は、創業者アルベルト アスペジが1969年にイタリア・ミラノ郊外でシャツメーカーとしてスタート。現在ではイタリア・ミラノ郊外のレニャーノを拠点に、ベーシックかつ機能的なデイリーウエアを提供している。イタリアをはじめ、パリやスペインの他、日本にも東京や広島、福岡などに店舗を出店。各国のセレクトショップでも取り扱われている。

 フィーゴは1987年に創業。イタリア発の「Felisi(フェリージ)」の国内展開を手がけている。同社はこれまで培ってきたブランドマーケティングやインポーターとしての機能を最大限活用し、「ASPESI」の更なるブランド価値と売上の向上を目指し、事業拡大を図るとしている。