シルベスター・スタローン

写真拡大

1976年にアカデミー作品賞を獲得したシルベスター・スタローンの代表作、映画『ロッキー』がミュージカルとなり、ブロードウェイで上演されることが決まった。

【関連記事】ブロードウェイ・ミュージカルが体感できる海外ドラマ『SMASH』に迫る

同作はStage Entertainment USAとシルベスター主宰のもと、ミュージカル化。昨秋は、ドイツのハンブルグでワールドプレミアを行ったところ、好評を博し、その後も劇場を満席にし続けたという。

映画で主人公ロッキーを演じたシルベスターは、「これほど誇らしくて嬉しく思うことはない。私が創造したロッキー・バルボアが、ステージの上で華やかに蘇るのを見るのは、この上ない喜びだ」とコメント。また、「この物語はボクシングを描いたものだが、本筋は愛の物語だ。人が愛する人と手を取り合って、困難な状況に打ち勝つ。世代や国境を越えて語ることのできるストーリーだ」と思い入れを語っている。

気になるミュージカルの振り付けは、主に格闘とダンスで分担される模様。格闘部分は、舞台上でのボクシングの振り付けを経験し、トニー賞にもノミネートされたスティーブン・ホゲットが担当。ダンス部分は、映画『ロック・オブ・エイジズ』で振り付けを担当したケリー・ディヴァインが担う。

脚本は、『アニー』『プロデューサーズ』『ヘア・スプレー』で3度トニー賞に輝いたトーマス・ミーハン、作詞はミュージカル『Ragtime』で同じくトニー賞を獲得したリン・アーレンズが務める。キャスティングなどは、まだわかっていない。

本幕の正式オープンは2014年の3月で、プレビュー公演は2月の予定。劇場は、座席数1526を誇るウィンター・ガーデンとのこと。

映画はシリーズ6作まで続く大ヒットを記録したが、ミュージカルもロングランの道を辿ることができるか。評判が悪ければ、すぐさま打ち切りになるブロードウェイ。ファンや批評家の期待に応えられるのか注目されている。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
ファンに朗報! 『glee』シーズン6までの製作が決定!
阿佐ヶ谷姉妹って何者!? 『SMASH/スマッシュ』DVDリリースイベント
【リアルSMASH】ブロードウェイで戦う日本人女優から観た『SMASH/スマッシュ』とは!?<石村友見さん編>