日経平均の日足チャート(6カ月)。緑が5日、赤が25日、青が75日の移動平均線(出所:株マップ)

写真拡大

 東京株式市場の活況が続きます。日経平均は26日には一時1万3983.87円まで上昇し、1万4000円に迫る場面がありました。

 ところで、4月第3週(4月15日〜19日)の株式投資部門別売買動向では、外国人が4週ぶりに売り越しに転じました。売越額は1539億円です。この間の日経平均は168.66円(1.25%)下落しました。

 この週はG20財務相・中央銀行総裁会議を控え、為替相場を巡る日本への批判懸念や、中国景気の先行き不安、そして、金価格の急落などを背景に、外国人も日本株の利益確定売りを急いだようです。

 このように、外国人が売り越すと、一気に萎える。それが、今の東京株式市場なのです。

 一方、個人は信用と現金取引の合計で3245億円の買い越しです。買い越しに転じるのは4週ぶりで、買越額は2011年3月第2週以来の大きさでした。逆張り個人が「辛抱たまらなくなって」買い越しに転じるとロクなことがないですねぇ。(笑)また、個人がこれだけ買い越しても、相場にトレンドが全く発生しません。

 相場で成り上がりたいあなたが、最も重視するべきは、相場のトレンドの方向性です。そのトレンドを発生させるのは、多くの場合、外国人です。個人を含め、国内勢はトレンド形成に役に立つことは滅多にありません。つまり、あなたは、外国人の売買動向に細心の注意を払うべきなのです。

1万3608.19円を下回らない限り高値圏で推移する可能性が高い

 ところで当面の日経平均は、スピード調整リスクを内包しつつ、高値圏で推移するとみています。1ドル=100円台の円安に振れるようなら、1万4000円台を回復する公算です。上値メドは1万4645.46円です。この1万4645.46円は、4月5日の週のレンジ(下値1万1805.78円と上値1万3225.62円)の値幅1419.84円を、1万3225.62円にリプレイスした水準です。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)