CSI:NY

写真拡大

大都会NYを舞台に、巧妙に練られたスリリングな展開が楽しめるクライム・サスペンス。個性的な捜査官たちが、犯罪現場に残された微細な証拠を最新科学技術で分析し、複雑な事件をクールに解決する大人気ドラマ『CSI:NY』シーズン7 がAXNにて6月12日(水)からスタートする。

前シーズンでの衝撃のラストシーンから続く新シーズンでは、マック・テイラー(ゲイリー・シニーズ)たちを嘲笑うかのように犯行を重ね、復讐の鬼と化したシェーン・ケイシー(エドワード・ファーロング)との戦いに終止符が打たれるだけでなく、CSIチーフに昇格し、ニューオーリンズに転勤となったステラ・ボナセーラ(メリーナ・カナカレデス)に代わり、元FBIの新捜査官ジョー・ダンヴィル(セラ・ウォード)が登場する。プロファイリングのスペシャリストであるジョーは、豊富な知識と経験を武器に真実を探り出す、面倒見のいい姉御キャラとして登場するが、ジョーがFBIを辞め、NYPDの刑事になった背景にある大きな事件が今シーズンを揺るがすことになるかも!?

マックを演じるゲイリーは、第1話について、「新キャラクターの登場と、宿敵との対決という全く異なる、そして大きな二つの要素を第1話に入れ込んだ。脚本家は苦労したと思うが、新シーズンの幕開けを飾るに相応しい印象的なエピソードになったよ」と語っている。なお、今シーズンでは、第14話に米人気歌手ニーヨ、第20、21話には名優ピーター・フォンダがゲスト出演することも注目だ。

チームワーク第一のクールなCSIチームの関係が、どのように変化するのかが注目の『CSI:NY』シーズン7は、AXNにて6月12日(水)23:00から字幕版がスタート。翌6月13日(木)20:55からは吹替版がスタートする。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『クリミナル・マインド』新シーズン継続か否かについてジョー・マンテーニャが発言!
マイアミの熱い男、ホレイショ・ケインの決めゼリフを思いっきり堪能! 『CSI:マイアミ』シーズン1〜9までアンコール放送!
『CSI:科学捜査班』ウォリック役のゲイリー・ドゥーダンが破産申請