背中のこりや肩こり、腰痛の原因を断つストレッチ - 1日1分からの筋トレ

写真拡大

整体師の大山奏です。背中の骨は寝ている時以外、いつも重力で圧迫されています。それを支えているのが脊柱起立筋です。この筋肉が硬くなると背中のこり、肩こり、腰痛を引き起こします。そこで今回は、背骨の両側2cmぐらいのところにあるこの筋肉を緩めて、背中を気持ちよく伸ばすストレッチを紹介します。

Step1:両足を前に伸ばした状態で座ります



Step2:両方の足の裏をくっつけます



Step3:ふくらはぎの下から手を入れて、足を包み込むように足の甲に触れ、上半身の力を抜きます



頭を足と足の間に入れ込むようにして、首の力は抜きます。手を入れるのが苦しければ、足をリラックスさせながらゆっくりと上体を倒していくだけでも、効果があります。

深く息を吸って、吐きながら状態を倒していきます。息を吐ききったところでまた吸って、吐きながら更に前に倒します。この呼吸を5回ぐらい行うと、だんだん身体が沈んでいくのを感じられるでしょう。

特に背中のような大きな筋肉を緩めると、質の良い睡眠が取れるようになります。毎日寝る前にやって、その日のうちに固まった筋肉をほぐしてあげましょう。筋肉を緩めることで背中の骨と骨の間を伸ばして、少しずつですが背骨の矯正にもなります。

ふだんの姿勢が猫背気味だったり、身体を動かさないデスクワークが続いていたりする人は、身体をひねると背骨辺りが「ボキッ」っとなって、すっきりした体験はありませんか? それは背骨が元の位置に戻った音だと思って下さい。

身体にセンサーを張り巡らせてきちんとした姿勢を24時間保たない限り、背骨は歪んでしまうんです。歪む理由は人それぞれですが、骨盤矯正やストレッチ・運動などで歪みを小さくできます。

たまに行くマッサージもいいですが、自分の身体は自分で治せると一番いいですよね。こっている部分があると感じたら、少しでもいいので毎日動かすようにしてみてください。