東京都・有楽町の無印良品で「BGM写真展 島のケルト 音と風光」開催

写真拡大

無印良品を企画・運営する良品計画は6月9日まで、東京都・有楽町のATELIER MUJIにて「無印良品BGM写真展 島のケルト 音と風光 ”アイルランド、スコットランド、コーンウォール、ブルターニュ”」を開催している。

同社は、無印良品創業当初から独自の店内音楽を制作。海外にも目をむけ、暮らしの中から生まれ、親から子へ、ベテランの演奏家から若い演奏家へと受け継がれてきた生活の伝統音楽を現地録音し、「MUJIBGMシリーズ」としてCDの販売も行っている。

伝統音楽は時代に左右されない「安心」であり生活の「楽しみ」でもあり、その存在は無印良品の「思い」とも通じるとし、世界各地に同じ思いをもって生活している仲間たちがいることを、音楽とともに伝える企画展示を行ってきた。

このほど同スペースで開催するのは、フランス・ブルターニュ地方に伝わるケルト音楽を紹介するBGM写真展。MUJIBGMシリーズの写真を撮り続ける写真家の藤岡直樹、渡邉由香両氏、そして多摩美術大学芸術人類学研究所所長、ケルト文化研究者の鶴岡真弓氏協力のもと、ケルトの地に映し出される情景を紹介する。

期間中、トークイベントとして、5月11日には鶴岡氏による「ケルト文化と音楽の精霊」、19日には渡邉氏による「女子の旅先で活かせる、ワンポイント撮影術!」、26日は藤岡氏による「素敵な旅写真の撮り方」が行われる。いずれも事前予約が必要となり、同スペースのWEBサイトで予約が可能。

同スペースの所在地は、東京都千代田区丸の内3-8-3インフォス有楽町 無印良品 有楽町2F。入場は無料。