廃線となった線路を走る! 秋田県の大館・小坂鉄道レールバイクがスタート

写真拡大

大館・小坂鉄道レールバイク(秋田県)は、今年は4月27日にオープン。今年は往復4.4kmに乗車区間を延長して開催している。

レールバイクとは、鉄道の線路の上を自転車駆動などで走る乗り物のこと。大館・小坂鉄道レールバイクは、2009年に廃線となった小坂鉄道の線路を利用して、期間限定で開催している。

今年は4月27日にオープンし、5月は3日・5日・18日に開催。今年は新コースとなり、小坂鉄道でもっとも良いロケーションである長木渓谷に並走するコースで、これまでの倍近い距離を走行できる。清風荘前から出発し、旧雪沢温泉駅(ヘルスセンター大雪前)を折り返し、清風荘前通過。雪沢山荘入口を折り返し、清風荘前に到着するコース(往復で約1時間程度)。

料金は、1人1回高校生以上500円、小中学生300円、トロッコは大人小人区分なく1人200円。荒天時以外は雨天でも実施。なお、往復乗車となっており、片道のみや途中下車は不可。

乗車予約は、公式ホームページで受け付ける。当日現地受付テントでも申し込めるが、先着順となるため売り切れになる場合もある。当日券の発売時間は9時30分から。