養老乃瀧でみかん味の鯛の刺身!? 春みかんサワーも池袋南口店で限定販売

写真拡大

養老乃瀧は4月26日より、みかんの味がする真鯛 「みかん鯛」の刺身と、4月〜5月が旬の春みかん「カラ」を使用した「愛サワー」を、養老乃瀧・だんまや水産の池袋南口店限定で販売した。

「みかん鯛」、愛媛県宇和島の宇和海で育った、みかんの風味がする真鯛。約2年2カ月の間、通常の餌で育て、その後4カ月間は伊予柑(いよかん)の皮を練り込んだ特別なエサを与える。こうすることで、みかんの風味がする刺身になるという。ほんのりとみかんの香りがするので、女性や生ものが苦手な人におすすめとのこと。価格は473円。

また、「愛サワー」に使用する「カラ」は、「温州(うんしゅう)みかん」と「キングマンダリン」を掛け合わせた生産量が少ない貴重なみかん。居酒屋では今回の養老乃瀧とだんまや水産が初めての取り扱いとなるという。濃厚な果汁と高い糖度が特徴で、このほど販売する「愛サワー」でも、みかんの本来の甘さを楽しめる。価格は347円。

販売は、養老乃瀧 池袋南口店と、だんまや水産 池袋南口店限定。