ご冥福をお祈りします - アニマル・レスリーさん
 - B Bennett / Getty Images

写真拡大

 元メジャーリーガーでタレントや俳優としても活躍したアニマル・レスリー(ブラッド・レスリー)さんが54歳の若さで亡くなったことがわかった。TMZ.comが報じた。

 アニマルさんは腎臓に問題を抱えており、7か月前から療養施設で透析を受けていたという。現地時間27日に病状が悪化したため病院に運び込まれたが、その後息引き取ったとのこと。死因は腎不全。

 アニマルさんは1982年にシンシナティ・レッズの投手としてメジャーリーグデビュー。1986年には来日し、阪急ブレーブスで活躍。引退後は「亜仁丸レスリー」という芸名でタレントとしてバラエティー番組「風雲!たけし城」などに出演して人気を博した。アメリカでは映画『リトル・ビッグ・フィールド』など、俳優として複数の映画にも出演している。(編集部・市川遥)