洗濯物の位置と乾き具合を見わける衣類乾燥除湿機「MJ‐10HGX」

写真拡大

三菱電機は、洗濯物の位置と乾き具合を見わけて、濡れている洗濯物だけを狙って乾かす「衣類乾燥除湿機 MJ‐10HGX」を、2013年4月26日に発売した。

ニオイや不快感も抑制

乾きムラを見わけて狙いうちして乾燥する、赤外線センサー「部屋干し3Dムーブアイ」が洗濯物の表面温度を529(上下23×左右23)のエリアで検知して洗濯物の位置と乾き具合や乾きムラを判別して、小さな洗濯物も見わける。

「3次元広角狙えルーバー」が、乾いていない洗濯物や乾きムラを上下160度×左右100度の自動スイングで狙ってピンポイントで送風する「エリアカット制御」で、濡れた洗濯物だけに送風。厚手の洗濯物や遠くに干した洗濯物の乾きムラを解消し、ニオイや不快感も抑制する。

「部屋干し3Dムーブアイ」が洗濯物の量も見わけ、「節電モード」が洗濯物の量に応じて風量を自動調節、衣類乾燥(標準)運転に比べ約40%の節電を実現。使用者の好みにあわせて自動停止する「スマートSTOP」で、乾燥満足度を向上した。

オープン価格。