阪神拙守でまたも貯金4逃す

阪神の秋山が今季初先発。5回3分の2、4失点で勝ち投手の権利を手にマウンドを降りたが、4‐2の六回2死二、三塁から2番手の鶴が梵に同点2点適時打を許した。

阪神は八回に鳥谷、マートンの連打で勝ち越し。しかし九回、抑えの久保が乱れ、守備にもミスが出た。右中間への高い飛球を福留、大和が譲り合う形で捕れず、三塁・坂の失策で同点。2死満塁のピンチから梵に再び適時打を許して勝ち越された。

広島は連勝で、今村が今季初セーブを挙げた。(デイリー)


今日はエラーがすべて失点へ直結。守りの野球を掲げてるチームがこんな負け方をしてては恥ずかしい。緊張感が切れていたわけではないだろうけど、ひとつのプレーをしっかりこなして勝利へと結び付けて欲しい。

阪神先発は不調の能見に代わって、秋山が今季初先発。立ち上がり、いきなり菊池にレフトスタンドへ先制ホームランを浴びるも2回以降は広島打線の拙攻にも助けられ、3、4、5イニングは三者凡退と秋山ペース。イニングを重ねるごとにストレートの球威、キレ共に冴えわたり、久しぶりの勝利を手にするもんだと思いましたが、球数が100球に近づくにつれ雲行きが怪しくなり・・・。

先制点を許した直後に打線もすかさず反撃。2回ウラ、マートン、福留、新井さんの3連打で無死満塁のチャンスを手にすると、1死から藤井が同点タイムリー。続く秋山はセカンドゴロもその間に追加点で逆転。西岡はフォアボールを選び、再び満塁とすると大和がセンターへ2点タイムリーを放ち、この回一挙4得点。苦手、バリントンを一気に攻略、秋山の調子といい、今日もいただいたと思いました。

打線の勢い、秋山の快投、今日の天気同様いい気持ちで試合は進んでいましたが6回、甲子園の上空に雲が覆うと、それにつられる様に秋山も苦しい展開に。1死から菊池に2ベース、続く丸を三振で2死、4番の広瀬にフォアボールを与え、2死1・2塁とピンチを背負うと、5番の岩本にライト前タイムリーで1点差。この時、福留の判断で2塁を回りかけていた広瀬を刺すべく鳥谷へ転送も、三遊間の狭殺プレーで広瀬を追い詰めながらもトリが落球。普通なら終わっていたプレーが終わらない。流れは当然広島へ。ここで阪神ベンチは流れを切るべく、2番手に鶴を投入も、流れ変わらず。このあと梵に右中間へ2点タイムリーを食らい同点。名手・鳥谷らしからぬプレーで秋山の勝ちを消し、試合の流れも変わった。残念の一言。

広島に傾いた流れは7回、8回と安藤、福原へと押せ押せで詰め寄るもベテラン二人の意地。無失点コンビが広島打線の勢いをバッサリ切り捨てると、流れは再び阪神へ。

8回ウラ、1死からトリが左中間へ2ベースを放ちチャンスメイクすると、マートンもライト前ヒットで続いて1・3塁。ここで広島ベンチはバリントンから左の河内へ。打率は低いながらも打点はガッチリ稼ぐ福留、否が応にも期待は高まるも、結果はサードゴロ。しかしながらボテボテだった当たりが幸いして3塁ランナー、鳥谷が生還で勝ち越し!願わくば、もう1点欲しいところでしたが新井さんはライトフライでした。

9回は満を持して、守護神・久保。先頭の中東にいきなりサード内野安打を打たれるも、続くルイスは三振。今日当たってる菊池もライトフライ・・・に仕留めましたが、目測を誤った福留がポロリ。記録は2ベースも大きなエラー。せっかく掴んだ流れはまたも広島へ傾き、4番の廣瀬は強烈なサードゴロ。これを坂が弾き、鳥谷もバックアップできず同点。松山はレフトフライで2死までこぎつけるも、最後は梵にライトへ勝ち越しタイムリーを打たれ、勝ちムードは一気に吹っ飛び、ため(c)もれる失墜の甲子園に。

最終回は良太、藤井、桧山とカープ・今村の前に何の抵抗もないまま試合終了。

今日の敗因は守りのほころび。鳥谷然り、福留然り、坂然り、これまで好プレーで何度もチームを救ってきた選手たちだけに、揃いも揃って出来て当たり前のプレーが出来ずに負けに結びついてしまったのは残念。打線の状態もよかったし、秋山も良かった。安藤、福原は相変わらずの安定感で流れを引き寄せた。今日勝っていれば、明日明後日と勢いのつく勝ちになっていただろうに、勿体ない敗戦だ。明日はしっかりした野球をお願いしたい。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース5●6広島東洋カープ〜甲子園・3回戦

【広】バリントン−河内−○今井−S今村
【神】秋山−鶴−安藤−福原−●久保

【勝ち投手】今井(1勝)
【セーブ】今村(2敗1セーブ)
【負け投手】久保(2勝1敗4セーブ)

〜ホームラン〜
【広】菊池2号ソロ(1回オモテ・秋山)

阪神タイガース通算成績 14勝11敗1分 対カープ 1勝2敗