グッチ、陶磁器リチャードジノリを1300万ユーロで買収

写真拡大

 今年1月に破産宣告を受け再生を目指していたイタリアのRichard Ginori 1735 S.p.A.(以下、リチャードジノリ1735)が、「GUCCI(グッチ)」による再生計画の受理と買収が決定したことを発表した。「RICHARD GINORI(リチャードジノリ)」は約280年続くイタリアの陶磁器ブランドで、買収額は1,300万ユーロ(約16億6,000万円)。

グッチがリチャードジノリを買収の画像を拡大

 1735年にフィレンツェで創業したリチャードジノリ1735は、多額の負債に加えて金融危機による経営の悪化を理由に、2013年1月にフィレンツェ裁判所よって破産宣告を受けた。再生計画について「RICHARD GINORI」を日本で展開するリチャード ジノリ・アジアパシフィックリチャード ジノリ・アジアパシフィックは、「RICHARD GINORI」にとって2013年を「ルネッサンス・再生」というスタートの年とし、「GUCCI」グループの一員として上質なライフスタイルを全世界へ発信するブランドを目指すと発表している。

 なお、「GUCCI」はPPRからKering(ケリング)に名称を変更したフランス流通大手グループの傘下ブランド。Keringはこの他、「Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)」や「Balenciaga(バレンシアガ)」、「PUMA(プーマ)」、「Qeelin(キーリン)」などラグジュアリーからスポーツ&ライフスタイルまで幅広いブランドを擁している。