青森市にある白取氏の自宅書斎にて。執筆や大学(青森中央学院短期大学)の講義の計画も、ここで編む。本棚には宗教・哲学に関する専門書や解説書がズラリと並ぶ。『超訳 聖書の言葉』(幻冬舎刊)を基に、氏が現代人の悩みに挑む。

写真拡大

聖書は古の書物ではなく、私たちの生活にも優れた示唆を与えてくれる……。大ベストセラー『超訳 ニーチェの言葉』の著者が、職場や家庭でのビジネスマンの尽きぬ悩みに、独自解釈した聖書の言葉で応える。

聖書は1冊の書物ではない。約66巻(カトリック教会が認める聖書は全72巻)からなる文書全体を指して“聖書”と呼ぶ。

最初の聖書は紀元前1世紀頃にユダヤ教の経典として編纂された。紀元前数世紀前から口承で伝えられてきた神の言葉をヘブライ語でまとめたもので、日本では「旧約聖書」と呼ばれている。

キリスト教はこれに主にギリシャ語で記された27巻の文書(新約聖書)を紀元後2世紀頃までに加えて全体を聖書と呼び、キリスト教の聖典とした。新約聖書にはイエス・キリストの生涯や言行、弟子たちの伝道活動などが記されている。

ユダヤ教とイスラム教でも旧約聖書を聖書として認めている。日本人はキリスト教とユダヤ教、イスラム教をまったく異なる宗教と認識しがちだが、それは間違いだ。この3つの宗教は同じ根っこをもっている。ただしユダヤ教とイスラム教は、新約聖書を聖書とみなしていない。

日本人は聖書になじみがないと思っているが、私たちの身の回りの生活習慣の中に聖書の影響はいくらでも見つけられる。1週間を7日で区切って日曜日に休むのは聖書の「創世記」に由来するし、クリスマスや母の日は聖書由来の行事だ。聖書から着想された文学や音楽、映画などは数知れない。

法の遵守や性の倫理、婚約の考え方、一夫一婦制、報復の禁止など、私たちが常識としている多くの考え方も聖書を起源としている。

聖書を無作為に開いて、行き当たった記述からインスピレーションや啓示を得る――。欧米では一般的に行われている普通の習慣だ。聖書が日常生活の中に存在しているのだ。2000年前から世界形成の礎、文化の源泉になってきた聖書は、今日も人々をインスパイアし続けている。

信仰に関係なくとも、人生の壁に突き当たったとき、聖書の力強い言葉に触れて「目から鱗が落ちる」ことがあるだろう。ちなみに「目から鱗」も聖書から発した表現である。

聖書は様々な種類のものが出ているが、日本語訳としては、フェデリコ・バルバロ神父が訳したものがいいだろう。注釈が豊富で、初心者でも誤解する可能性が少ない。慣れ親しんだ人にもお勧めだ。詳細が解説されているので読むのに時間はかかるかもしれないが、そのぶん理解が深くなるのだ。

■仕事にやりがいを見出せない

問題は何のために仕事をするかである。多くの人は金を儲けるための手段として仕事をしているから、仕事がしんどい。朝早いのがキツイとか、残業が辛いという話になる。仕事自体が面白ければ、朝早くから夜遅くまでやっていられる。それだけのことである。

「自分の仕事を心から楽しむ。これ以外に人の幸福はない」というコヘレットの言葉のように、単に日々の糧を得るための手段ではなく、仕事は生きがいであるというのが聖書の考え方だ。

仕事で汗を流すのは苦しいが、その苦しみを乗り越えた先に悦びがある。スポーツや恋愛も同じではないか。苦労しているときは苦しい。しかし障害が大きければ大きいほど、それを克服してゴールにたどりついたときの悦びは大きい。

仕事にやりがいを見出せないのは、仕事自体を楽しんでいないからである。仕事に楽しみや面白さを見出すためには、まず自分を、自分の価値観を変えるしかない。そうでなければ仕事をいくら変えても同じことだ。

「世間で誰もがしている習慣になじんではならない。昔からの因習に染まって生きていてはならない。これまでの考え方をまったく変え、神を求めてみよ。神が何をしたがっているのか。神の目から見た善とは何か。神の望む完全とはどういうことか。それらを知ろうとせよ。頭を変えよ。自分を変えよ」(新約聖書 ローマ人への手紙 第12章)

キリストの弟子である、使徒パウロはローマ人に対して、キリストの教えを理解するためには考え方を変え、自分を変えよと説いた。自分を変えなければ見えてこないものがある。

----------

聖書の言葉

自分の仕事を心から楽しむ。
これ以外に人の幸福はない。

コヘレットの書 第3章

----------

■コツコツ仕事をしてきたが、ポストや昇給に報われない

いくら立派な肩書をもらっても、給料が上がっても、自分の仕事を心から楽しめなければ、本当の意味での仕事のやりがいにはならない。ポストや昇給に報われないことを嘆いているようではプロフェッショナルとは言えない。

そもそも「コツコツ仕事をしてきた」というのも自己評価にすぎない。格言の書の一節にあるように、「愚か者に限って、自分のやり方や考えがまっとうで正しいと思い込んでいるものだ」。

コツコツ仕事をしてきたか、努め励んでいたかどうかは他者が評価することであって、自分から言うことではない。傍から見ればダラダラと効率の悪い仕事をしているようにしか見えなかったかもしれない。きちんと仕事をしていれば、きちんとした成果を得られるはずである。

----------

聖書の言葉

勤勉に自分の畑を耕す人、
自分の仕事にまじめに
励む人はいつも豊かで、
あり余るパンを持っている。
しかし、愚かな怠け者は
ただ妄想を
追っているばかりだ。
愚か者に限って、
自分のやり方や考えが
まっとうで正しいと思い込んで
いるものだ。
知恵のある者はしかし、
人の勧めや忠告を聞いて
受け入れる。
結局、つとめ励む者こそ
人を支配するようになる。
怠け者は人に仕えるしかない。
人間の最大の力とは、
つとめ励むことだ。

格言の書 第12章

----------

※フェデリコ・バルバロ訳『聖書』に準拠

----------

作家 白取春彦
青森県青森市生まれ。ベルリン自由大学で哲学・宗教・文学を学ぶ。哲学と宗教に関する解説書の明快さには定評がある。著書に『超訳聖書の言葉』『超訳 ニーチェの言葉』『この一冊で「聖書」がわかる!』などがある。

----------

(作家 白取春彦 小川 剛=構成 小原孝博=撮影)