●解散式の夜-人類の再起?-

(画像:「進撃の巨人」公式Webサイトより)
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


●キャスト
エレン・イェーガー:梶裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ベルトルト・フーバー:橋詰知久
アニ・レオンハート:嶋村侑
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
マルコ・ボット:逢坂良太
コニー・スプリンガー:下野紘
サシャ・ブラウス:小林ゆう
クリスタ・レンズ / ヒストリア・レイス:三上枝織
ユミル:藤田咲
トーマス・ワグナー:須嵜成幸
ミーナ・カロライナ:安済知佳
サムエル:高橋研二
フランツ:大隈健太
ハンナ:佐藤恵
ダズ:田久保修平
ハンネス:藤原啓治
フーゴ:陶山章央
エルヴィン・スミス:小野大輔
ハンジ・ゾエ:朴璐美
リヴァイ:神谷浩史
キース・シャーディス:最上嗣生
グリシャ・イェーガー:土田大
カルラ・イェーガー:鷹森淑乃
ニック司祭:麻生智久

●ストーリー
突如現れた多数の巨大生物「巨人」の侵攻により、人類は存亡の危機に瀕するも、生き残った人間達は、三重に築かれた巨大な城壁内側に生活圏を確保することで、一時的な安全を得るに至っていました。
城壁による平和を得てから約100年後。城郭都市の外縁地区「ウォール・マリア」南端より突出したシガンシナ区にて、父・グリシャと母・カルラ、幼馴染のミカサと暮らす少年エレンは、親友アルミンと共に、幼い頃から「壁の外に出て世界を探検すること」を夢見ていたのですが…。
エレンが10歳を迎えた年、突如として現れた「超大型巨人」を尖兵としてシガンシナ区及びその一段奥のウォール・マリアまで侵入、しかもエレンの母は彼の目の前で巨人により殺害されてしまいます。
巨人への復讐を誓ったエレン、そしてミカサとアルミンは第104期訓練兵団に入団したのですが…(第2話までのあらすじ)
●あれから3年後
エレン、ミカサ、アルミン達が第104期訓練兵団に入団してから3年が経過、各人はそれぞれに鍛えられてきました。

例えば、アルミンは体力面については少々劣るものの知識や記憶力等が重視される座学ではトップクラス、エレンは能力自体は平均的ながらもその信念や執念ともいうべき精神力と努力で克服してきました。そしてミカサは全てにおいてトップクラスの能力(彼女は後に訓練兵団を首席で卒業することになります)。

※それ以外のメンバーも一長一短といったところのようです。
●対人格闘訓練
エレンはアニ・レオンハートと対人格闘訓練を行うのですが
彼女はこともなげにエレンを投げ飛ばします。そこで、

ライナー・ブラウン「本当の対人格闘術というものを教えてやるぜ!」

と意気込んでみるも、彼もあっさり彼女に投げ飛ばされます。

アニ・レオンハート「こんなことやっても何の意味も無い。真面目に取り組んでるのは馬鹿正直な奴か、本当の馬鹿か…。」

彼女の話だとここでの成績上位10名のみがエリートかつ安全な(内地にある王の近衛部隊である)憲兵団に入隊出来るという事です。しかしながら、これは最大の矛盾も含んでいます。

何故なら戦闘能力等が高い人間ほど憲兵団に行きたがる傾向にあり、結果的に巨人と直接戦う機会の多い調査兵団にはやや劣るメンバーが集まってしまうという事。
●矛盾が許せないエレン
エレンは安全で特権を得る為だけに憲兵団を希望するジャン・キルシュタインがどうしても許せない。それ故、彼を投げ飛ばしてしまいます。

エレン「お前がちんたらやっていた対人格闘術だ!」

彼を含め巨人によって家族を殺害された人間は、巨人の脅威から避けるために束の間の安寧を求めて内地の憲兵団を志望するか、あるいは巨人を倒すために調査兵団を志望するか…。

巨人を皆殺しにする、これは現実的にはほぼ不可能に思えてしまうくらいの難題ですが、それがなされないと真の平和は訪れないのも事実なのです。
●解散式の夜
解散式では成績上位10名が発表、主席はミカサ。エレンも5位に入り、憲兵団入隊の権利を得るのですが…。

エレン「俺は憲兵団に入らず、調査兵団を希望する!」

更に体力的に不安があるアルミンや主席卒業のミカサまで調査兵団を希望します。

ミカサ「もう、これ以上、家族を失いたくない。」

ミカサの強さ、そして優しさに対してエレンは彼女に対して何も言えないようです。

※ちなみに調査兵団は超大型巨人が出現する前は穀潰しとして疎まれてきましたが、現在は人類の存亡を賭けて戦うエリートとして羨望の眼差しで見られているようです。
●超大型巨人、再び出現!
ハンネス「お前等、昨日卒業したんだってな!」
エレン「あの飲んだくれが駐屯部隊長とは。」
ハンネス「…お前の母さんを助けられなくて済まなかった。」


5年前、ハンネスはエレンとミカサを救出する際、結果的にエレンの母親を見殺しにしてしまった事について、今なお深い負い目を感じているようです。

そんなエレンやミカサも調査兵団へと入隊。これはハンネスにとって必ずしも喜ばしいとは言えないようです。

※ちなみに、

サシャ・ブラウス「上官の部屋からお肉、持ってきました!」

彼女の食い意地には困ったものの、外地を取り返して、牛や豚を飼育するという彼女なりの目標も出来たようです。

ところが、

外壁に突然、超大型巨人が出現!

しかも巨人により、壁の一部を破壊され穴を開けられてしまいます。

突然の初陣を強いられたエレン達、その相手はあの超大型巨人!

「進撃の巨人」、次回もお楽しみっ。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「進撃の巨人」第3話「立体機動装置」(ネタばれ注意)▼外部リンク

「進撃の巨人」TVアニメ公式Webサイト