ブロンドといえばリース・ウィザースプーン (c)Hollywood News

写真拡大

あこがれハリウッドセレブのヘアスタイル&ヘアカラーを紹介。今回はブロンドです。

ブロンドヘアの代表といえば、『キューティ・ブロンド』シリーズの女優リース・ウィザースプーン。お金持ちの“ブロンド”のお嬢様が弁護士を目指す映画で、リースはブロンドのイメージを定着させました。ブロンドは“尻軽で、頭が悪い”というイメージを持たれている一方で、“ホット”で“お嬢様”を表す象徴的な髪の色でもあります。バービー人形や女優のマリリン・モンローさんはホットなブロンド女性のイメージを残す存在となった1人でしょう。

ブロンドはストレートでも重い印象になることはなく、カールさせればさらにゴージャスでフェミニンになります。ロングでもショートでも髪が軽く見える色なので、ふんわりした印象になります。リースだけではなく、女優のジェニファー・アニストンやキャメロン・ディアスもブロンドヘアが定番。さらにレイチェル・マクアダムスやアシュレイ・ティスデイルも美しいブロンドで人々を魅了しています。

ブロンドは日本人のようにアジア人にとって、チャレンジするには勇気のいる色かもしれません。でも、1度でいいから試したいとあこがれを持っている人は多いですよね。【馬場 かんな】