続編が製作される「ドッジボール」写真:Album/アフロ

写真拡大

ビンス・ボーンとベン・スティラーが主演した2004年の大ヒット映画「ドッジボール」の続編企画が、ついに始動した。

「ドッジボール」は、経営危機にある弱小スポーツジムのオーナー、ピーター(ボーン)が、大盛況のライバルジムのオーナー、ホワイト(スティラー)による買収から逃れるため、ドッジボール大会の優勝賞金5万ドルに望みを託し、スポーツ音痴な仲間たちと特訓を開始するというスポーツコメディ。

続編は長らく前から製作が予定されていたものの、なかなか進捗が見られなかったが、米ハリウッド・レポーター誌によれば、このほどスティラーのプロダクション、レッド・アワー・フィルムズと米20世紀フォックスが、脚本家としてクレイ・ターバー(「ロードキラー」)を起用。前作に続き、ボーンとスティラーがカムバックし、再び闘いを繰り広げるという。

■関連記事
「ロックフォードの事件メモ」、ビンス・ボーン主演で映画化
Googleが全面協力!米コメディ映画のロケ場所として本社を開放
ニコール・キッドマン「俺たちニュースキャスター」続編にカメオ出演
ベン・スティラー監督・主演「虹を掴む男」リメイク版にショーン・ペン
英誌読者が選ぶ「コメディ映画のベスト50」