話題作「マン・オブ・スティール」(C)Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

写真拡大

世界最大のスーパーマーケットチェーンとして知られるウォルマートが、アメリカで「マン・オブ・スティール」の先行上映のチケットを販売することになったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

「マン・オブ・スティール」といえば、「ダークナイト」シリーズのクリストファー・ノーラン監督がプロデュース、「300」のザック・スナイダー監督がメガホンをとる話題作で、アメリカでは6月14日の公開を予定している。このほど、同作を配給するワーナー・ブラザースは、ウォルマートとタイアップして、前日6月13日の午後7時に全米2379館で先行上映を実施。先行上映のチケットは5月18日午前8時から全米のウォルマートで販売開始となる。

ワーナーにとっては、ウォルマートでの先行上映チケット販売をイベント化し、「マン・オブ・スティール」の認知度をアップさせる目的があるようだ。ワーナーで米国配給を指揮するダン・フェルマン氏は、「ウォルマートに足を踏み入れる大量の顧客が、チケットを購入する、しないにかかわらず、『マン・オブ・スティール』を目にすることになります」と期待を寄せている。

■関連記事
【予告編】「マン・オブ・スティール」
「マン・オブ・スティール」前売り特典はスーパーマン人形ストラップ
新スーパーマンに大抜てき 新鋭ヘンリー・カビル緊急来日決定!!
スーパーマン訴訟、米ワーナーが原作者子孫に勝利
ワーナー・ブラザース90周年 特集ページ