終始さくらスマイル出た今日のラウンド(撮影:福田文平)

写真拡大

<フジサンケイレディス 最終日◇28日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード・パー72)>
 「フジサンケイレディス」の最終日。首位から出た佐伯三貴が大会レコードのトータル14アンダーで逃げ切り今季2勝目を挙げた。3打差の6位タイからスタートした横峯さくらは6バーディ・1ボギーの67でラウンド。トータル11アンダー単独2位で競技を終えた。
LIVE写真館でチェック!
 横峯は序盤ショットが左に曲がり、ボギーが先行する不安な立ち上がりに。しかし、ショットをすぐ修正し5番からは連続バーディを奪取。9番でもバーディを奪い、スコアを2つ伸ばして折り返す。その後も3つのバーディを奪うも、佐伯との差は縮まらず3打差で逃げ切りを許してしまった。
 昨年のこの大会では3位。今回は2位だが「全然違いますね。昨年は最低の状態で、我慢に我慢して3位だったけど、今日は攻めた結果バーディに繋がったので良かったと思います」。先週はパットの不調から失速し優勝戦線から脱落したが、今週は後半でもスコアを崩すことなく攻めきることができた。優勝こそ逃したが、「今日みたいなプレーが出来れば勝てる日が来ると思う。来週以降も今日のようなプレーを続けたい」と大きな手ごたえを得ることができた。
 この大会で連続予選通過は91試合と不動裕理が持つ記録に並んだ。次の大会で予選を通れば記録を更新。その大会で勝利となれば最高だが「それに超したことはないですし、自分の出来ることをしっかりやっていきたい」。今日の手ごたえをまた次につなげ、2年ぶりの歓喜の瞬間を引き寄せる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
下川めぐみが17番でホールインワン!賞金800万円ゲット「最高です!」
松山英樹の1打速報配信!
写真館で試合中の選手の表情がめれる
AKB48 山内鈴蘭のコーナーも見てね
各ツアー賞金ランキング