「超会議2」で春のヴィジュアル超運動会、話題のマカンコーサッポーも炸裂!

写真拡大

4月27日、28日の2日間にわたって千葉県・幕張メッセで行われているニコニコ動画のあらゆるカテゴリを網羅したユーザー主体の超巨大フェスイベント「ニコニコ超会議2」にて、「超ヴィジュアルバトルロイヤル『PS COMPANY春の超運動会2』- V-1 グランプリ2013 -」が開催された。出演バンドは、Alice Nine、ViViD、ダウト、SCREWの4組。

普段は、完璧なメイクと煌びやかな衣装で身を固めている彼らだが、今回は体操服やオフの恰好、本気のフリーザのコスプレ等で、汗をかきながら駆け回るとあり、集まったファンや、ニコニコ生放送で視聴していたファンは大喜び。メンバー全員による「ラジオ体操」で幕を開けた運動会は、「エアギター20秒リレー」や「超ドライアイス玉入れ」「超洗濯バサミつな引き」など、従来のヴィジュアル系の枠を超越する体当たり企画が次々と繰り広げられた。

「エアギター20秒リレー」では、トイレのすっぽんをギターにみたて、本気のパフォーマンスをみせるメンバーに、会場内の巨大動画上でも「惚れ直したw」「トイレのすっぽんに、なりたい私」など賞賛のコメントが多数。「超ドライアイス玉入れ」は、メンバーが首から下げているバケツに向かって、ドライアイスを投げつけるという危険な企画にも関わらず、嬉々として出来たてのドライアイスをぶつけるメンバーたちの姿には、「ほぼ中学生w」等とのコメントが流れていた。

「超会議 借り物競争」では、「ギザ10円」「Alice Nineのシングル『華』」「トイレットペーパー」等を探すべく、なりふり構わず客席の間を走り回るメンバーたち。トイレットペーパーを探し求めて、会場のトイレまで走ったAlice Nineの沙我(サガ)には、「トイレ大パニックw」「真面目かっ」などの動画コメントが付けられ大盛況。最終種目「バンド対抗!! 叩いてカブってジャンケンポントーナメント」では、お約束の大逆転・53万ポイントをかけて争い、見事ViViDが優勝した。

バンド同士が最終的にジャンケンで優劣をつけるというこの超運動会、「何故、LIVEで競わせない(笑)」と出演メンバーのつっこみもありつつ、ラストは、ヴィジュアル系初となる今流行りのマカンコーサッポーがステージ上で披露され(しかもなぜかフリーザの姿で)大いに盛り上がり幕を閉じた。

なお、優勝したViViDにはニコニコ動画の生放送番組『生dwangya』5月度エンディングテーマの権利が授与されるはずだったが、その権利は「大人の都合により(笑)」ダウトに託された。「超運動会」でのレアショットやオフショットは、待受としてdwango.jpで近々の配信される予定。