スキルと教養、それぞれどのくらい勉強するか

がんばっているのに成果が出ない。そう感じているビジネスパーソンも多い。第一線で活躍し続けるにはもちろん、自己研鑽が必要だ。だが、その勉強は本当に、仕事の役に立っているのだろうか。ハイパフォーマーの学びの習慣を、600人アンケートの結果を交えながら紹介しよう。

▼神永正博さんからのアドバイス

数学も数字を扱うスキルの一種といえます。ただ、スキルというのは一朝一夕に身につくものではありません。人が生まれてから数学という道具を使いこなせるようになるまで、どれくらい時間をかけているか振り返ってみてください。

子どものころに数を数えるところから始まり、微積分を習得するまで十数年。スキルの獲得には、それくらい長い期間が必要なのです。そう考えると、スキルの習得にはできるだけ若いうちから取り組んだほうがいい。大人になってから必要が生じたときも、思い立ったらすぐに勉強を始めるのがよいでしょう。

面白いもので、数学を突き詰めていくと、社会学や経済学の知識がなくても社会科学系の論文を批判的に読むことができるようになります。

単にデータの読み方がわかるというだけではありません。主張がどのようなロジックで組み立てられていて、その裏付けはどこにあるのか。そうした学問の作法は数学も社会科学も同じなので、つじつまの合わないところや論拠の弱いところがあればピンとくるのです。

そういう意味では、数学でなくても何か1つ、専門分野を深掘りしておくことも大切です。教養というと文学や歴史など文系の知識をイメージする人が多いかもしれませんが、理系の軸でもいい。徹底的に掘り下げて自分のものにしておくことで、他の分野にも応用が利きます。

----------

神永正博●東北学院大学教授
1967年、東京都生まれ。東京理科大学理学部卒、京都大学大学院理学研究科博士課程中退。東京電機大学助手、日立製作所研究員を経て、東北学院大学准教授に就任。2011年より現職。著書に『不透明な時代を見抜く「統計思考力」』など。

----------

▼村井瑞枝さんからのアドバイス

スキルの習得というと大ごとのような気がしますが、目の前の問題に対処するだけなら、1から体系的に身につける必要はありません。たとえば仕事で会計の知識が必要になったとしても、4〜5冊読めば、最低限の知識は身につきます。後は仕事で試しながら磨いていけばいいのですから、普段はスキルの勉強に時間を割かなくてもいいのです。

一方、教養は短期集中で身につけることが困難です。物事を深く考えたり本質を見抜く力は、本を数冊読んだからといって身につくものではありません。これらの能力は、さまざまな分野の情報に触れ、自分の頭で考えることを地道に続けながら少しずつ鍛えられるものです。普段、時間を割く必要があるのは、スキルよりもこちらのほうでしょう。

何の役に立つのかわからないものを勉強するのは無駄だという意見もあるでしょう。じつは私も同じで、大学で美術史を履修していたときは「これって社会に出ても使えないよね」と思っていました。でも、実際にビジネスの最前線に身を置いていると、大学時代の学びがヒントになることも少なくないのです。

美術史も含め歴史を学ぶということは、人間の行動パターンや考え方を学ぶことでもあります。ビジネスの現場では数字やデータだけでは推し量れない消費者の行動を目の当たりにすることがありますが、歴史を学んでいると、それに対して一歩踏み込んだ観察や検討ができるように思います。

これはほんの一例。教養を深めるということは、人間を知ることにほかなりません。直ちに役立たなくても、じわじわと自分の厚みになって、後から振り返ったときに何かの助けになっている。教養とは、そういうものだと思います。

----------

村井瑞枝●レストランプロデューサー
辻調理師専門学校にて調理師免許を取得後、米ブラウン大学、伊ボローニャ大学にてアートを学ぶ。帰国後、JPモルガン、ボストン コンサルティング グループを経て現職。訳書に『ウォールストリート・ジャーナル式 図解表現のルール』がある。

----------

▼木暮太一さんからのアドバイス

スキルばかりを追い求める人がいるとすれば、スキルをドラクエの呪文のようなものだと考えているのだと思います。ゲーム内でプレーヤーは、敵を倒しながら経験値を積んでいきます。経験値が一定に達すると、レベルが上がって新しい呪文を獲得。呪文を覚える前と後では強さがまったく違うので、プレーヤーはいわば階段型に成長していくことになります。一方、現実の世界は違います。私たちはゼロからイチへといきなり飛躍するのではなく、0.5や0.99を経つつ、アナログな曲線を描いて成長していくわけです。

ゼロイチで考えてしまう人は、いつのまにかスキルを獲得することが目的になり、資格を取ったりTOEICで高得点を取っただけで満足する傾向があります。

肩書を充実させることも大事ですが、スキルを適切に使いこなすには、それなりの経験値が必要です。しかし経験値はゼロイチでなく、少しずつ積み上がっていくもの。すぐに使いこなせるようにはならないのですから、コツコツと自分の目標に取り組めばよいと思います。

結果が出ないと不安になるかもしれませんが、焦る必要はありません。私は「人は1年でできることを過大評価して、10年でできることを過小評価する」という言葉を肝に銘じています。つまり、1年で成し遂げられることは思っているより小さいが、小さいことを積み重ねれば、10年後には想像以上に大きなことができているということです。

勉強もこれと同じです。まったく前に進んでいないように思えても、今日の努力は必ず経験となって、いずれは大きな実をつけます。

----------

木暮太一●作家
1977年、千葉県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て、独立。大学在学中に自主制作した「気軽にはじめる経済学シリーズ」はロングセラーに。著書に『今までで一番やさしい経済の教科書』など。

----------

▼阪部哲也さんからのアドバイス

一般的にキャリアアップに必要なスキルは、1にIT、2に語学、3に会計といわれています。たしかにこうしたスキルを若いうちに身につけておけば役に立つでしょう。ただ、ある程度の年齢になれば、普遍的なスキルより、各論を突き詰めていくほうを私は選びます。

たとえば同じ医療系でも、製薬会社の営業マンにM&Aの知識は必要ありませんし、開業医が英語を学ぶ必要性も低い。自分はこれでやっていくという業種や職種が見えてきたら、それぞれの専門知識を突き詰めたほうがキャリアアップにつながりやすいと思います。

30代後半や40代になれば、自らの人間性を振り返る必要性も出てきます。人はスキルによって採用されますが、躓くときは人間性。マネジメント職ともなれば、その傾向が強まるので、気をつけたいところです。

私自身も、未熟な自分に必要な勉強として、意識的に人生哲学の本を読むよう心掛けています。読むのは、風呂から上がった後、ベッドに入って眠りにつくまでの間です。

懸命に仕事をしていれば、精神にも疲れが溜まります。それを翌日に持ち越すと、時と場合によっては会った人に悪影響を与えてしまう恐れがあります。この悪循環を断ちきるために、1日の終わりに人生哲学の本を読んで自分の心を修正するのです。

よく手に取るのは、稲盛和夫さんの本や月刊「到知」です。ときに消化不良になるくらいの深い内容が書かれていますが、構えずにリラックスした状態で読むと、内容がズシンと心に入って気持ちよく眠りにつけます。おすすめです。

----------

阪部哲也●KANAEアソシエイツ代表取締役
1973年、奈良県生まれ。同志社大学法学部卒後、旧富士銀行、不動産会社、リクルートエージェントなどを経て、エグゼクティブサーチファームであるKANAEアソシエイツ設立。「日本ヘッドハンター大賞」金融サービス部門で最優秀賞受賞(2011年)。

----------

■コラム●稼ぐ人は、勉強に月どのくらいお金をかけているのか?

稼ぐ人は勉強にいくら投資しているのか。アンケート結果を見ると、年収が高い人のほうが積極的に自己投資しているようだ。新聞購読に加えて本を1 〜2冊買うと月5000円程度はすぐ消えるが、年収500万円以下の人のうち月5000円以上投資しているのは23%。一方、年収1500万円以上では60.3%に達した。

ただ、低年収の人は学習意欲がないのかというと、必ずしもそう決めつけられない。理想の投資額を尋ねると、年収500万円以下も約半分の人が月5000円以上と答えていた。はたして稼ぎが少ないから勉強にお金を使えないのか、それとも勉強に投資しないから稼ぎが悪くなるのか。

本文で登場いただいた木暮太一氏は、学生時代に100万円のローンを組んで英会話学校で徹底的に学んだ。勉強達人の実体験を鑑みると、稼ぎが少ないことは勉強しないことの言い訳にならない気がするが、どうだろうか。

(村上敬=構成 佐粧俊之=撮影/コラム●村上敬=文)