【BL】あの人気マンガ家も実はBL誌出身! 次にブレイクするBL出身マンガ家は?

写真拡大

ここ最近、BL誌出身のマンガ家が、女性誌や青年誌など、ジャンルを越境して活躍するケースが増えています。作品がアニメ・ドラマ化されて、普段あまりマンガを読まない人でも知っている、あの人気マンガ家も実はBL誌出身だって、ご存知でしたか? 

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

今回はBL誌出身の人気マンガ家と、今後、BL誌以外でも活躍すること間違いなしの注目マンガ家をご紹介します!

■あの人気マンガ家もBL誌出身だった!?

●よしながふみ/『月とサンダル』

BL誌出身のマンガ家として有名なのが、昨年実写ドラマ&映画化された『大奥』の著者・よしながふみ。BL誌から女性誌、青年誌まで、幅広いジャンルで活躍するよしながふみの魅力といえば、なんと言っても独特の「間」。商業誌デビュー作のBLマンガ『月とサンダル』でも、この「間」でぐっと萌えさせてくれるんです!

主人公の小林が想いをよせているのは、世界史の井田先生。小林は告白を決心して井田先生の自宅を訪ねるものの、先生には恋人がいて――。思いがけず告白してしまったことに焦って言葉を重ねる小林と、逡巡して黙りこむ井田先生の表情が交互に描かれる告白シーンでは、ふたりの心情を想像して、ちょっと切ない気持ちになってしまいます。

そしてもうひとつ、よしながふみ作品に欠かせないものと言えば「食」。2001年に実写ドラマ化されたほか、アニメ・実写映画化もされた『西洋骨董洋菓子店』など、必ずといっていいほど、美味しそうな料理が登場します。そして、『月とサンダル』でも、小林が井田先生に手料理をふるまうのですが……。小林が手ずから、井田先生にアスパラの天ぷらを食べさせるシーンはエロスを感じさせます!

ここしばらく、BL作品を描いていないよしながふみですが、現在、「MELODY」で連載中の『きのう何食べた?』では、料理上手な弁護士とズボラ美容師のゲイカップルの日常と、おいしそうなごはんが描かれています。「BLを読むのは、ちょっと……」と躊躇している人はまず、このマンガでBLの雰囲気とおいしそうなごはんを堪能してみてはいかがでしょうか?

●羽海野チカ/『夕陽キャンディー』

初連載作『ハチミツとクローバー』がテレビ・ドラマ・実写映画化されて大ヒットし、現在は「ヤングアニマル」で『3月のライオン』を連載する羽海野チカも、実はBL誌出身なんです。

母親を亡くした息子の、父親に対する切ない愛情が描かれたデビュー作『冬とキリン』は、BL誌『小説JUNE』に掲載。また、『ハチクロ』連載開始と同時期に、BL誌「JUNK!BOY」に掲載された『夕陽キャンディー』では、秘密を共有する男性音楽教師に恋する、男子高校生の甘く切ない、アメ玉のような恋心が描かれています。どちらもBL未満の関係ですが、キュンッと切なくなれること間違いなし。特に、『夕陽キャンディー』で男子高校生が吸っていた煙草を取り上げて、音楽教師が吸うシーンはエロさを感じさせてくれます。ともに『スピカ 羽海野チカ短編集』に収録されているので要チェックです!

ちなみに、羽海野チカとよしながふみはデビュー前、同人活動をしていて、コミケでは隣り同士になったこともあったのだとか。当時の同人誌は中古同人誌ショップなどで手に入れるができますが、プレミアがついて、数万円と高額なものも珍しくありません。羽海野チカ、よしながふみの「すべてを知りたい!」というファンの人は、中古同人誌ショップで探してみてはいかがでしょうか?

●星野リリィ/『ほしいほしい君がほしい』

BL誌以外での活躍が増えると、BLを描かなくなってしまうマンガ家も多いのですが、幅広いジャンルで活躍しながら、現在もBL作品を描き続けているのが、アニメ『輪るピングドラム』のキャラクター原案、2010年にアニメ化された『乙女妖怪 ざくろ』の著者である星野リリィ。

乙女ちっくで、エロかわいらしいキャラクターと世界観が魅力的な星野リリィですが、デビュー作『ほしいほしい君がほしい』も、ストーカーちっくな眼鏡男子とツンデレ美少年のとーってもエロかわいいお話です! ただし、ちょっと激しいベッドシーンがあったりと、BL要素はかなり濃いめなので、BL初心者の人はちょっと心構えが必要かもしれません(笑)。

■次に「くる」BL出身マンガ家はこの人!

BL誌から女性誌や青年誌など、活躍の場を広げるマンガ家が増える今、BL出身のマンガ家をチェックしておけば、次にブレイクするマンガ家をイチ早く知ることができるかも!? ネクストブレイク確実のBL出身マンガ家と、BL出身マンガ家から人気マンガ家が生まれる理由を、ちょっと考察してみたいと思います。

●雲田はるこ/『野ばら』

はじめての非BL作品『昭和元禄落語心中』で「このマンガがすごい! 2012 オンナ編」第2位を受賞し、「このBLがやばい! 2013年版」第4位の『新宿ラッキーホール』など、BL作品の執筆も精力的に続けている雲田はるこ。BL作品とそれ以外のジャンルの作品で共通する魅力が「男のイロケ」です。特に年を重ねた男性のイロケは絶品。

『昭和元禄落語心中』を読んだことがある人なら、主人公・与太郎の師匠で、「昭和最後の大名人」と呼ばれる噺家・有楽亭八雲のイロケに、枯れ専じゃなくても萌えたはず。そんな人には、「このBLがやばい! 2011年度版」第3位の『野ばら』に登場する、子持ちバツイチのアラフォー男子・神田さんの生活疲れを感じさせるイロケも、ぜひ堪能していただきたい!

男性同士の恋愛を描くBLでは、男性のイロケをいかに描くかも重要な要素。男性のイロケを存分に描くことができるのは、BL誌出身のマンガ家の魅力のひとつかもしれませんね。

●えすとえむ/『愚か者は赤を嫌う』

BLでもっとも大切なのが「萌え」。BL作品には、作家の「萌えるツボ」がトコトン描かれている作品も多いのです。

たとえば、『うどんの女』で「このマンガがすごい! 2012 オンナ編」第3位、『equus』で「このBLがやばい! 2012年版」第6位を受賞した、えすとえむは大の闘牛士ファン!  「月刊イッキ」で現在連載中の『Golondrina-ゴロンドリーナ-』では、女性闘牛士をめざす少女・チカの物語を描いていますが、BL作品『愚か者は赤を嫌う』の主人公も闘牛士です。闘牛の本場・スペインで取材を重ねているだけあって、どちらの作品も臨床感抜群! BL・非BL作品の両方を読み比べてみれば、作者の「萌えるツボ」に迫ることができるかもしれませんよ。

●ヤマシタトモコ/『くいもの処 明楽』

ここ最近のBLの傾向が「日常を描く」こと。ちょっと前まで、BLといえばイケメンと美少年がロマンチックな恋をする……というものがほとんどでしたが、ここ数年は、ごく普通の男子が、ごく普通の恋愛をしている作品が増えています。そのキッカケのひとつが、ヤマシタトモコのデビュー作『くいもの処 明楽』の「このBLがやばい! 2008年版」第1位受賞。

『くいもの処 明楽』では、少女マンガのように甘いセリフや展開は一切なし! 居酒屋「くいもの処 明楽」を舞台に繰り広げられる、年下の生意気なバイト店員・鳥原×30代男子の店長・明楽のやり取りは、ちょっとアホで、殺伐としていて、どこかリアル。キャラクターの言動が現実でもあり得そうだから、「こんな人、どこかにいそうだな」と思わせてくれるのが、ヤマシタトモコ作品の魅力です。

「FEEL YOUNG」で現在連載中の『ひばりの朝』は、男からは性的な目で見られ、女からは好かれない、女子中学生・手島日波里と、彼女と関わる同級生や教師、従兄叔父の心の内に秘められた、薄暗い想いが語られていく作品。やっぱり、どのキャラクターも言動がリアルなので、読んでいて背中がざわつくような怖さを感じます。

人間関係が物語の主軸にあるBLを描いてきたからこそ、リアルな人間関係を描くことができるのかもしれませんね。ちなみに、ヤマシタトモコは『HER』、『ドントクライ、ガール』で、「このマンガがすごい! 2011 オンナ編」の第1位・第2位独占という快挙も成し遂げています。今後、ブレイク間違いなし! マンガ好きならチェック必須です。


気になる作品やマンガ家はいましたか? 「いきなりBLを読むのは勇気がいる」という人でも、女性誌や青年誌を読んで好きになったマンガ家のBL作品なら、そのマンガ家のルーツを垣間見ることもできて、きっと楽しく読むことができるはずですよ。気になるBL誌出身のマンガ家をみつけたら、ぜひ、BL作品もチェックしてみてくださいね。


こちらのレポートもどうぞ!
アベノミクスで「BL」が変わる!? 腐女子ライターが分析する"攻め"と経済の意外な関係 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12910 ]
『黒子のバスケ』脅迫問題にみる、“リアル”に影響を与えた漫画の出来事 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11086 ]
【BLコミック】腐女子がときめくキャラ属性トップ3を、BL作家が分析してみた [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12007 ]
初心者も腐女子もぜひ読みたい! 「BL」の匂いがする一般小説作品3選 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13493 ]
腐女子に聞いた、BOYS LOVEコミックキャラのこのシーンに萌える!(タバコ編) [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11331 ]