コーリー・モンテースとリー・ミシェル

写真拡大

薬物依存の治療を受けるため、3月末からリハビリ施設に入所していた『glee/グリー』のコーリー・モンテース(フィン)が、このたび治療を終え、共演者で恋人のリー・ミシェル(レイチェル)のもとへ戻ったという。

【関連特集】やっぱり『glee』は面白い! 海外ドラマNAVI的『glee』大特集!!

ある情報筋が米Peopleに確認したところによると、コーリーはほぼ1ヵ月にわたる薬物依存の治療を無事に終了。リーとともに、金曜日にロサンゼルス空港で元気な姿をキャッチされた。米E!が目撃者から話を聞いたところ、「二人は幸せそうで、終始ほほえんでいた」のだという。さらに、空港の警備員がコーリーに元気かどうか尋ねると、コーリーは「元気だよ」と答えたそうだ。リーは手にパスポートを持っていて、二人は出発便のチェックインをしていたことから、一緒に休暇を過ごすのではないかと推測される。

コーリーはツイッターで「大きな愛をみんなに送るよ。引き続き応援してほしい。みんなからの応援は僕にとってかけがえのないものなんだ」とつぶやき、リーは「今日はすてきな一日。みんなを愛してる!」と喜びをツイートした。

コーリーが施設に入所した後、彼の関係者は「リーはコーリーにとてもいい影響を与えてくれています。彼女は彼にとってプラスの存在。一緒にいるととても安らぐようです」とPeopleに明かしていた。

コーリーが無事に治療を終え、二人の絆はさらに深まったに違いない。ゆっくりと休みを取って、翌シーズンも元気な姿を見せてほしいものだ。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
薬物依存治療中の『glee』コーリー・モンテースに、リー・ミシェルやライアン・マーフィーらがエールを送る
『glee』リー・ミシェル、恋人コーリー・モンテースへのラブラブコメントが止まらない!
ラブラブ全開! 『glee』リー・ミシェルもコーリー・モンテースとの交際を語る!