鶏むね肉の激ウマ料理 (17) 鶏むね肉でつくるしっとり肉じゃがが絶品!

写真拡大

おふくろの味といえば、代表的なのが肉じゃが。肉じゃがに使われる肉は牛肉や豚肉だが、今回は鶏むね肉で挑戦してみた。レシピ考案者は、人気ブロガーの筋肉料理人さんだ。

材料(4人分)

鶏むね肉 300g / じゃがいも 450g / にんじん 150g / 玉ねぎ 100g / 糸こんにゃく 150g / サラダ油 小さじ2 / 冷凍枝豆 適量

A(しょう油 大さじ1 / 日本酒 大さじ1 / 砂糖 大さじ1 / 片くり粉大さじ1/2)

B(だし 400ml / しょう油 大さじ4と1/2 / みりん 大さじ2と1/2 / 日本酒 大さじ2 / 砂糖 大さじ4と/1/2)

つくり方

1.鶏むね肉の皮目を上にしてまな板に置き、ラップをかぶせて瓶の底で軽くたたく。たたいたものを2〜3cm角に切ってボウルに入れ、Aを加えてしっかりもみこむ。15分ほど置いて味をなじませる。

2.じゃがいもは皮をむき、一口大に切って水につけておく。にんじんは皮をむき、小さめの乱切りにする。玉ねぎはくし切りにする。糸こんにゃくは食べやすい大きさに切り、3分ほど下ゆでしてザルにあげる。

3.鍋にサラダ油を引いて火にかける。じゃがいも、にんじん、玉ねぎをいためたら、Bと糸こんにゃくを加えて煮立てる。

4.1を3に加え、落とし蓋をして5分加熱する。5分たったら、鶏むね肉だけを取り出して別の皿にのせる。もう一度鍋に落とし蓋をして弱火で20分煮込む。

5.4の鍋に鶏むね肉を戻し、焦げないように時々鍋をゆすりながら煮詰める。皿に盛りつけ、解凍した枝豆を散らして出来上がり。

「鶏むね肉は加熱し過ぎるとパサパサになりますから、手順4の段階で5分煮たらいったん取り出します。鶏むね肉を取り出してもこの5分の間で煮汁に鶏のうまみが移るで、しっかりと味に深みが出ますよ」(筋肉料理人さん)

筋肉料理人

1963年6月生まれ。佐賀県在住。自営業のかたわら、居酒屋で料理人としても働く。2009年からは佐賀県三養基郡みやき町保有の元民間保養施設で食文化コーディネーターとしても活躍。趣味は料理、バイク、アウトドア、筋トレ、熱帯魚。 子供は中学生と小学生の2人。日々料理を楽しみ、筋トレ、プチダイエットも継続中。超人気レシピブログ「魚料理と簡単レシピ」も執筆。