<つるやオープン 3日目◇27日◇山の原ゴルフクラブ山の原コース(6,793ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「つるやオープン」の3日目。この日は前日サスペンデッドとなった第2ラウンドの続きと第3ラウンドを行い、松山英樹はトータル13アンダーの2位タイで最終日を迎えることとなった。首位はトータル15アンダーのイ・テヒ(韓国)、尾崎将司はトータル7アンダーの22位タイに後退して3日目を終えた。
松山英樹の1打速報
 早朝7時17分。前日4ホール残した第2ラウンドをスタートした松山は15番、16番の連続バーディでトータル10アンダーまでスコアを伸ばし、単独2位で第3ラウンドに進んだ。最終組でスタートした第3ラウンドは同組でトーナメントリーダーのイ・テヒ(韓国)と激しいバーディの奪い合い。前半は互いに譲らず3つ伸ばし、1打差のまま後半を迎えた。
 しかし、最初にスキを見せたのは松山。12番で約1メートルのパーパットを外し、初日7ホール目以来のボギーとすると、「あそこからショット、パットがイマイチで最後まで引きずってしまった」と一転して苦しい展開に。2つのパー5で飛距離のアドバンテージを活かしバーディを奪ったものの、首位と1打差で迎えた最終18番も80センチのパーパットがカップに蹴られボギーフィニッシュに天を仰いだ。
 「ちょっと不安な感じで終わってしまった」。80センチを外した最後のパーパットだけではない。ショットでも打ったあとに手を離す場面も多く見られ、気持ちよく振ることが出来ていない。手を離しながらもピンに絡んだり、フェアウェイをとらえる場面もあったが「たまたま。結果オーライなだけです」と厳しい表情を崩すことはなく、12番以降左へのミスを連発したティショットなど不安材料は満載だ。
 「調子が良ければ不安にならないけど、少し良くなってきたところで同じようなミスをしたのでまた不安になった。どう直していこうかな」。ミスをしたあとに苛立つ場面も多く見られ、あと一歩のところで流れをつかみそこねている。バーディ合戦が予想される最終日。1999年のJGTO発足以降最短記録(これまでは藤本佳則、薗田峻輔の5試合目)更新となるプロ入り2戦目での優勝は自分の中の違和感との戦いになりそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹、4ホール残して首位タイ浮上!「ジャンボさんと回れるように」
強風に耐えたジャンボ、松山英樹らに並ばれるも暫定首位キープ!
各ツアー情報配信中
ゴルフ好き美女を紹介する美ゴ女!見てくださいね
各ツアー賞金ランキング