「意外に合う!」と思うご飯のおともは? 日本在住の外国人に聞いてみた

写真拡大

日本の主食・ご飯。外国人のみなさんも日本での生活では口にすることも多いでしょう。シンプルなその味はどんなおかずとも相性がいいですよね。今回は「意外とイケる」と感じたご飯のおともについて、日本に住む20人の外国人に聞いてみました!

■ピクルス(フランス/20代後半/女性)

酸っぱさの中にほんのり甘みを感じる洋風のお漬物。ご飯に合うのも不思議ではありませんね。

■マヨネーズ。日本のキューピーマヨネーズは世界で一番おいしいから何でも合う(マリ/30代前半/男性)

■変わったものとご飯を一緒に食べませんが、若い時はマヨネースをかけた(スウェーデン/40代前半/女性)

ちらほら耳にすることがあるマヨご飯。外国人にもファンがいました! 日本のマヨネーズはなめらかでコクがあると、なかなか好評です。米アマゾンでも飛ぶように売れているのだとか。

■ご飯とポテトチップスと一緒に食べるとか(タイ/30代前半/女性)

ジャンクな雰囲気が漂いますが、味や食感は意外に悪くありません。細かく砕いてふりかけのようにしたり、サラダにしてみたり、いろいろバリエーションがありそうですね。

■チーズ(カナダ/20代後半/男性)

イタリア料理のリゾットやドリアを思い浮かべると、納得です!

■ミルクと砂糖です。エジプトではライスプディングというものがありますが、日本では珍しがられます(エジプト/40代前半/男性)

ライスプディングとは、お米を砂糖と牛乳で煮て卵を加えて蒸したもの。とてもおいしそうです! 炊いたご飯にただ牛乳と砂糖をまぶして食べたらどうなんでしょう?

■ご飯に合わないものはない。タコライスの、タコミートとご飯の組み合わせに感動しました(オランダ/30代前半/男性)

ご飯の上にタコスの具(ひき肉、トマト、レタス、チーズなど)とサルサソースをかけた沖縄料理。ご飯とサラダを一緒に食べられるところもいいですよね。

■干しエビとお茶の葉っぱ(ミャンマー/30代前半/女性)

お茶漬けではなく、茶葉そのものを食べるそうです。調べてみたら、「お茶と桜エビのふりかけおにぎり」というレシピがありました! 試してみたくなります。

■コチュジャンなどの、辛くて赤いタレです。韓国人の方に聞いてみたら「私たちはよくやってますよ」と言われました。日本人はあまりしないと聞きましたが(イタリア/30代前半/男性)

韓国料理に欠かせないコチュジャン。ビビンパにも必ずついてきますし、ご飯との相性の良さは実証済み。冷蔵庫に何もなくてもおかず代わりになるのがうれしいですね! さて、次の回答はご飯のおともという枠を飛び越えたアカン飯です。

■豆腐+ジャム・ゼリーは特に合うと思います(アメリカ/30代後半/男性)

豆腐もご飯同様、もとの味が淡白なので、トッピングの創意工夫に熱が入りますが、甘いものと一緒に食べるという発想はありませんでした。食感が似ている者同士の合わせ技、のど越しはよさそう!?

■納豆とオリーブオイルやヨーグルトを混ぜたらおいしいです(トルコ/30代後半/男性)

納豆とヨーグルト!? ちょっとびっくりしましたが、納豆菌と乳酸菌が相乗効果で身体にいいと、ひそかに話題になっているようです。臭いはかがずに食べるのがコツかもしれません。

炊き立てのほかほかごはん、もちろんそのままでも十分おいしいですが、せっかくだからもっと楽しみたい! 外国人のみなさんも様々なアイデアでご飯ライフを楽しんでいるようですね。