『図書館戦争』の初日舞台挨拶に登壇した榮倉奈々

写真拡大

有川浩の人気小説の映画化『図書館戦争』の初日舞台挨拶が、4月27にTOHOシネマズスカラ座で開催。岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、栗山千明、石坂浩二、佐藤信介監督が登壇。岡田は「原作を汚してないと言われるのがぼくたちの喜びです。何度でも見ていただけたらと」と感無量の表情で挨拶をした。

【写真を見る】榮倉奈々と栗山千明のまぶしい2ショットの全身カットはこちら

劇中の思い出をそれぞれ語っていったゲスト陣。榮倉は「スクワットのシーンを何度もやって、足が生まれたての子鹿みたいにぷるぷるしました。でも、立て直すことができた自分にびっくりしました。気合だなと」と撮影を振り返った。岡田は「銃の弾が1万発あるんですが、相当撃ちこんでいて、なくなるかもしれないってことになり、ミスができないというプレッシャーを感じました」と告白。

福士は「関節技を岡田さんが教えてくれた」と笑顔を見せると、田中は「銃撃戦で、テストの時は『パンパンパン!』って言うのが恥ずかしかった」と告白。栗山は「北九州のロケの時、奈々ちゃんとふたりでおいしいものを食べ、親友としての絆を深めた」とコメント。西田は「有川(浩)先生から『サインをください』と言われて。私も先生にサインをいただきました」とのこと。石坂は「田中くんにおんぶされるシーンで、田中くんがだんだんガクガクしていった」と苦笑い。

また、劇中で、榮倉扮する笠原郁が、自分と本を救ってくれた図書隊の隊員(岡田准一)に頭をなでてもらうという象徴的なシーンがある。そこで観客の中から選ばれたひとりが、岡田から頭なでをしてもらえることに。選ばれた少女は、羨望の眼差しを浴びながら嬉しそうな表情を見せた。

最後に岡田が「公開されて、この場所に立てるのが幸せです」と力強いコメントで締めくくった。『図書館戦争』は、武力による検閲から本を守る防衛組織、図書隊の活躍を描くアクション大作。ド派手なアクションとツンデレラブをふんだんに盛り込んだ本作は、原作者の有川浩もお墨付きの娯楽映画となった。【取材・文/山崎伸子】