結婚を機に”節約”に目覚める妻多し!? -「オシャレ犠牲に」「貯金に燃える」

写真拡大

住宅ローン、保険代、子どもの教育費……。結婚すると、独身時代には考えもしなかった出費が重くのしかかるようになる。当然、お金に対する価値観も変化していく訳で……。今回は結婚してからのお金の使い方について、マイナビニュース会員の既婚女性200名に調査した。

「お金の使い方は結婚してから変わりましたか?」という問いに対し、「はい」は53%、「いいえ」は47%だった。さらに「はい」と答えた人に対して、何に使うお金がどのように変わったか、また、それについてどう思っているかを尋ねた。

■オシャレを我慢する人、多数!!

・「服や靴・自分にかけられる額が減った。今は子供が2人いて専業主婦だし、しょうがないと思っている」(33歳女性/その他/その他)

・「自分のファッション用品、服やかばんに使うことが多かったが、家族のものが優先順位が上になった」(30歳女性/その他/その他)

・「美容院に行く回数が減った」(26歳女性/その他/主婦)

・「結婚で転職したため収入額が大幅に減り、服やバッグなどに使うお金、美容院代、エステ、ネイル等、自己投資分がほぼなくなった。非常にストレス」(37歳女性/金融・証券/営業職)

・「独身の頃はデート用のかわいい服をたくさん買っていたが、結婚してからは同じ服を着まわしするようになった」(28歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■いい影響もあるようで……

・「自分の洋服などにかけるお金がほとんどなくなった。でも、その分食材や日用品を買い物するのが楽しくなった」(26歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「服や化粧品を買う前に熟考するようになり、無駄なものを買わなくなった。堅実に貯金できているので良いことだと思っている」(25歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「自分に掛けてたお金がいかに無駄だったかわかったので無駄遣いがなくなった」(26歳女性/自動車関連/事務系専門職)

・「化粧品とか美容費が減りました。もうちょっと(いいものを)使いたいけど、コスパが良いものを見つける力があがった」(27歳女性/金融・証券/事務系専門職)





■家族のために

・「子供が生まれたら子供に使うようになった」(35歳女性/情報・IT/事務系専門職)

・「自分ではなく、お稽古など子どもの教育費にお金をかけるようになった」(31歳女性/金融・証券/事務系専門職)





■自炊が増えるので……

・「食事に使うお金が増えた」(23歳女性/学校・教育関連/専門職)

・「外食が減った、夫婦では家で食べることが多いが満足している」(28歳女性/情報・IT/秘書・技術職)

・「外食をしなくなった。家出食べる方がまったりできるし安く済むから」(29歳女性/飲食/販売職・サービス系)

・「食費で自分で作ることによって節約できて、グルメイベントなどにも行かなくてすむようになった」(25歳女性/電機/事務系専門職)





■貯蓄や財テクに燃える人も

・「自分の欲しいものを買う機会が少なくなり、その分を貯金しておこうと考えるようになりました」(47歳女性/主婦)

・「貯蓄するために計画的にお金を使うようになった」(26歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「不動産や運用に関わる金額が大きくなった」(22歳女性/自動車関連/事務系専門職)

・「海外旅行や服に使っていたお金を、マイホーム資金や保険代に使うようになった」(31歳女性/金属・鉄鋼・化学/技術職)





■とにかく節約!!

・「お金を使わないようになった。使うのがもったいないと意識するようになった」(29歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「全体的に余計なものを買わなくなった」(24歳女性/建設・土木/技術職)

・「趣味(本)以前は本屋で読みたいと思ったら購入→古本屋というパターンだったが、読みたいと思った本は、まずは図書館で探してからになった」(31歳女性/医療・福祉/専門職)