野球観戦も便利に

写真拡大

横浜高速鉄道と西武鉄道、横浜DeNAベイスターズ、西武ライオンズは2013年4月28日、「西武横浜ベイサイドきっぷ」または「東急西武線まるごときっぷ+みなとみらい線発駅〜横浜の往復乗車券」と観戦チケットがセットになった観戦チケットを発売する。

各試合「200枚」限定

西武池袋線・有楽町線、東京メトロ副都心線、東急東横線、横浜高速みなとみらい線の相互直通運転が3月16日に始まったことを記念したチケットで、「Joint記念」と名付けられた。

対象は5月28・29日に横浜スタジアム、6月15・16日に西武ドームで行われる日本生命セ・パ交流戦「横浜DeNAベイスターズ 対 西武ライオンズ」の試合。それぞれの本拠地の最寄り交通機関から、相手方の球場まで乗り換えなしで行くことができるのが特長。

価格は、西武ドーム観戦チケット(ベンチサイドシート)が4800円〜4840円、横浜スタジアム観戦チケット(内野指定FA席)が4200円〜4680円。各試合とも200枚限定。前者はみなとみらい線の各駅(横浜駅を除く)、後者は西武線の主な駅で購入できる。