FX(外国為替証拠金取引)のトレードの際に知っていると役に立つのがアノマリーだ。アノマリーとは、論理的に説明できないものの、頻繁に繰り返される相場の法則のこと。投資資情報会社の社長などを歴任し、現在は「為替の学校」M2JFXアカデミア学長でもある吉田恒氏が為替相場に関するゴールデンウィークのアノマリーについて解説する。

 * * *
 4月末から5月にかけては日本の大型連休、「ゴールデンウィーク(GW)」です。このGWも、比較的為替相場が荒れやすいことで知られています。

 とりわけ、2008年から2011年にかけては、GW前後において短期間で一気に円高が進むといった「円高パニック」が繰り返されました。

 アノマリー的には、「潮目の変わりやすい春相場」、「GW円高パニック」などが続く時期。安倍政権としても、夏の参院選挙という重要な政治日程を前に、この円安、株高が急反転するようなことは絶対回避したいところでしょう。「安倍バブル」破裂阻止も正念場を迎えそうです。

※マネーポスト2013年春号