また大麻? - ジャスティン・ビーバー

写真拡大

 19歳のジャスティン・ビーバーのツアーバスがストックホルムのコンサート会場外で捜索され、少量の大麻が見つかったことがわかった。

 Aftonbladet紙によると、現地時間24日ジャスティンのツアーバスから大麻の強いにおいがしたため、警察が捜索することになったという。バスからは少量の大麻のほか、スウェーデンでは携帯許可を必要とするスタンガンも発見されたとのこと。捜索時バスは無人で、逮捕者は出ていない。

 またジャスティンサイドはThe Independentに、バスは多くの人が利用していた上、ジャスティンは捜索時に居合わせなかったと語り、大麻とジャスティンの関係を否定している。

 ジャスティンは今年1月に大麻を吸っている写真が流出し、ツイッターで謝罪したにもかかわらず、先月、大麻が合法なアムステルダムのコーヒーショップでまた吸引し、大麻の葉が入ったケーキを食べたともいわれている。(BANG Media International)