東京都・池袋で「宇宙展」を開催 -「はやぶさ」模型や種子島スイーツも登場

写真拡大

東京都・池袋のサンシャインシティは4月27日〜5月6日、「サンシャインシティ宇宙展2013」を開催する。

同イベントは、「はやぶさと月惑星探査」や「日本人宇宙飛行士と宇宙の暮らし」をテーマに展示や体験コーナーを展開する、”宇宙”について様々な角度から紹介するイベント。

専門店街アルパB1噴水広場では、「小惑星探査機 はやぶさ」「月周回衛星かぐや」「小惑星イトカワの模型」、毛利・向井両宇宙飛行士フライト品や宇宙食などの展示を行う。また宇宙服を着て写真が撮れる「フォトスポット」なども体験できる。

コンファレンスルームでは、元JAXA宇宙教育推進室長・現日本宇宙フォーラム主任調査員の渡辺勝巳氏、元JAXA宇宙飛行士・現宇宙政策委員会委員の山崎直子氏による講演や、日本宇宙少年団親子セミナー、南極で発見された隕石に触ってみる「隕石体験」や月と火星の模擬砂に触れられる「宇宙の砂体験」、宇宙ローバーの遠隔操作体験装置「ローバー体験」、人工衛星組み立て体験、ロボットアーム工作教室などを実施する。

さらに、宇宙センターで有名な種子島の名産である「安納いもスイーツ」を集めた「たねがしま 安納いもスイーツフェア」を開催。専門店街アルパB1噴水広場にて販売するほか、期間中はサンシャイン60展望台カフェラウンジ「エアーシップ」においても販売する。

会場は、東京都豊島区東池袋3-1のサンシャインシティ。「宇宙展示」は4月27日〜5月6日 11時〜19時、専門店街アルパB1噴水広場にて開催。入場無料。

特別講演 「月惑星探査とはやぶさ」(講師:渡辺勝巳氏)は4月27日 15時〜16時30分。同「宇宙への夢と旅」(講師:山崎直子氏)は5月2日 17時30分〜19時開催。会場はともにワールドインポートマートビル5F コンファレンスルーム。定員は各150名で、入場無料。両講演とも、入場整理券が必要。整理券は講演当日、開始2時間前より噴水広場にて配布する。

その他、各イベントの詳細などは、同イベント特設サイトで確認できる。