国によって異なる「美の基準」 - 外国人に聞いてみました

写真拡大

蓼食う虫も好き好き、ということわざのように、「美しい」と思うものの条件は人それぞれ。国や時代によっても大きく異なるこの美の基準、外国人20人に母国での一般的な「美しい」の基準について聞いてみました。

・女性は大きい胸。男は筋肉質。一般的に、やせすぎている女性は「かわいくない」とされる(スウェーデン/男性/30代後半)

・見た目だけの話だと、女性は背が高く、顔と体は細くても胸と唇と目が大きいというタイプが一番の「美形」だと思われています(イタリア/男性/30代前半)

・男女により違いますが、女性は全体なラインの美しさ、目、口の形。男性は身長、たくましさ、目、口の形(フランス/女性/20代後半)

・笑顔がきれいとか、体のラインとか(アメリカ/女性/20代後半)

まずは、大きい胸・身体のラインという意見。大きいバストは欧米では大変好かれているようで、出るところは出る、くびれるところはくびれている、というメリハリのあるセクシーボディが人気でした。特に、スウェーデンではやせ過ぎは厳禁のようです。

・女性は背が高くて、大きいおしり。男性は背が高くて、マッチョな身体(マリ/男性/30代前半)

安産型の大きいおしりが美とされるマリ。また男女とも背の高い人が美しいとされるようですね。ネパールの方も美の基準として「背の高さ」を答えていました。

・肌が小麦色であること、お尻がキュッとしていること(ブラジル/女性/50代前半)

「色白=美」という国が多い中、ブラジルでは小麦色の健康的な肌が「美」とされるよう。タイでは、男性も色白の肌が美しいとされるそうです。

・肌が白く、髪の毛がストレート(エジプト/男性/40代後半)

・髪の毛がストレート(モロッコ/男性/40代後半)

・ほとんどのアメリカ人の男性は金髪の女性が好きらしいです(アメリカ/男性/30代前半)

髪の美しさが美の基準というのは、納得ですね。ストレートの髪が人気ですが、アメリカには根強いブロンド信仰もあるようです。輝く金髪、憧れです。

・肌が白い、目が大きいなど(ラオス/女性/20代前半)

・目が二重で大きく、背が高く、明るくかつ健康であること(中国/女性/30代後半)

・筋肉質、背が高い、足が長い、きれいな髪。目の大きさは関係なく、目の色のほうを気にする。青と緑が人気(スペイン/男性/30代前半)

目の大きさ、二重などが大事、という国も多数ありました。スペインでは大きさよりも瞳の色が重視されるそう。青や緑などきれいな瞳の色は、羨ましいですね。

(文・アリウープ 中嶋絵里)