大学生のスマートフォン所有状況

写真拡大

大学生はどのキャリアのスマートフォンを多く使っているのか――GMHoldings(東京・中野区)のグループ会社が運営する、学生向け情報サイト「CampusNavi」は、「新生活応援企画」として、都内の主要大学を対象にスマートフォンの所有状況を調査した。

20大学中19大学でソフトバンクが1位

調査対象としたのは、東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学など計20大学に通う学生4000人。都内の大学生73万825人(2012年12月時点・文科省調べ)の約58%が、この20大学に在籍しており、この調査で「都内の大学生のスマートフォンの所有状況がわかる」としている。

所有しているスマートフォンの携帯会社を質問すると、全体の半数近くである47.7%(1906人)が、「ソフトバンク」と回答して1位となった。続く2位は「au」(27.5%)、3位は「ドコモ」(24.9%)という順だった。iPhoneユーザーだけで比べると、auが28.1%(735人)に対して、ソフトバンクが71.9%(1880人)と大きく差が開いた。

大学別に集計すると20大学中19大学でソフトバンクが1位となり、auが2位、続いてドコモという結果になった。

調査期間は、2013年4月10日から4月20日までの10日間。現役の大学生で構成されるキャンパスナビ学生調査隊12人が、男女計4000人の大学生(各大学200人ずつ)にヒアリング調査(対面・電話・メールなど)を行った。