東京都・日本科学未来館で「国際植物の日」にちなんだイベントなどが開催

写真拡大

日本科学未来館は「国際植物の日」にちなみ、植物にスポットライトを当てた様々なイベントを開催する。入館料は大人600円、18歳以下200円。

期間中は、個性的な色や形で私たちを楽しませてくれる「アサガオ」や、植物の世界へのナビゲーター「シロイヌナズナ」、私たちの悩みを解決するかもしれない「遺伝子組み換え作物」などを特集する。

4月27日〜5月20日までは、「観察体験 シロイヌナズナの野生株と変異株”違いからわかる! 遺伝子のはたらき”」と題した「顕微鏡コーナー」を設置。また、「変化アサガオ」の遺伝子の働く仕組みを紹介する「サイエンス・ミニトーク変化アサガオからみる遺伝子の話」や「すばる望遠鏡最新観測装置 Hyper Suprime-Cam 〜ダークエネルギーの手がかりをつかめ!〜」などのサイエンティスト・トークも開催する。

5階の常設展示「ともに進める医療」内の「エンドクサ 遺伝子組み換え」では、既に食卓を支えている「遺伝子組み換え作物」について、来館者の意見を眺めたり自分の意見を残すことが可能。詳細は、同館公式ホームページを参照のこと。

■「国際植物の日」関連イベント詳細

・サイエンス・ミニトーク「変化アサガオからみる遺伝子の話」

開催日時:4月28日〜5月6日(11時45分〜12時)

開催場所:5階 常設展示フロア内



・観察体験 シロイヌナズナの野生株と変異株「違いからわかる!遺伝子のはたらき」

開催日時:4月27日〜5月20日

開催場所:5階 常設展示フロア内



・サイエンティストトーク「ヒマワリからスーパー植物へ〜遺伝子組み換え植物で汚染土壌からセシウムをひっこぬく〜」(仮)

開催日時:6月1日(14時30分〜15時30分)

開催場所:3階 実験工房



・エンドクサ「遺伝子組み換え」

開催日時:4月10日〜6月3日

開催場所:5階 常設展示「ともに進める医療」内