トヨタ、SNS導入などを行いクルマ総合サイト「GAZOO.com」をリニューアル

写真拡大

トヨタ自動車は26日、クルマの総合サイトである「GAZOO.com」(ガズー・ドット・コム)を一新し、5月30日よりサービスを開始すると発表した。

同社は、1998年4月にユーザー参加型クルマポータルサイトとして同Webサイトの運用を開始。現在の訪問者数は月間約165万人で、5年前と比べて3倍になっているという。

今回のサイト一新では、ユーザー同士やユーザーとクルマがつながる社会の一層の発展を念頭に、SNSの導入やスマートフォンを活用したドライブ先でのガイド機能の充実、パーソナライズ機能や自動車情報の拡充を図っていくとのこと。また、GAZOO.comとトヨタブランド車の情報サイト「TOYOTA.jp」の会員制度を統合し、新規に導入するSNSについては、FacebookやTwitterサービスの連携も行われる予定。

サイト一新にあたっては、日本マイクロソフトの新サービス「Windows Azure仮想マシン」と「SharePoint Server 2013」を組み合わせたサイト運営プラットフォームを世界で初めて採用し、ユーザーが求める情報を、より迅速・快適に表示されるようにするとしている。