プノンペンのアシレダ証券 (Photo:©Alt Invest Com)

写真拡大

1年ほど前にプノンペンを訪れ、“歴史的な”IPO第1号に応募してみた。

[参考記事]
●“歴史的”なカンボジアのIPO第1号を体験してきた

 プノンペン水道公社(PPWSA)を1000株応募し、1株6300リエルで265株が当選した。ちなみに、初値は9400リエルと高騰し、上場3日で最高値1万200リエルまで上昇したが、その後はストップ安の連続で6900リエルまで下落し、1年経ったいま株価は6300リエル前後と元の木阿弥になっている(40リエル≒1円)。

「投資にウマい話はない」というお手本のような結果だが、思わぬ副産物もあった。カンボジアの銀行口座がオマケでついてきたのだ。

 カンボジアの株式市場には外国人の個人投資家でも参加できるが、そのためにはカンボジア国内の銀行に決済用の口座が必要になる。カンボジア株はリエル建てなので、株式の購入代金は銀行のリエル普通預金口座から引き落とされ、売却代金はその口座に振り込まれる。

※カンボジア株はリエル建てなので、株式の購入代金は銀行のリエル普通預金口座から引き落とされ、売却代金はその口座に振り込まれる(現在ではトレーディング用の口座も認められた)

 IPOに応募するためアシレダ証券に口座開設を申請すると、親会社であるアシレダ銀行にも口座を開かなくてはならない。アシレダ銀行はカンボジア最大手の金融機関で、その本店で手続きしたのだが、そのとき不思議なことに気がついた。定期預金の金利表を見せてもらうと、ドル預金の金利が異常に高いのだ。

 60カ月(5年)の定期預金だと、リエル建てが年利8%で、ドル建てが年利7.75%。世界金融危機以降、FRBの大胆な金融緩和でドルの金利は大幅に下がり、現在、シティバンク銀行のドル定期預金(1年)は年利0.03%だ。あまりにウマい話なので、思わずカンボジアでドル定期預金をしてしまった。

[参考記事]
●年利7.75%の米ドル預金はいかが? ただし、場所はカンボジアだが

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)