「イノセント・ガーデン」ポスター画像(C) 2012 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

写真拡大

若手女優のミア・ワシコウスカが主演するミステリー「イノセント・ガーデン」のポスターが、このほど公開された。ブロンドから黒髪になったことでミステリアスな雰囲気をかもし出すワシコウスカが、揺るぎない眼差(まなざ)しで見る者の心をとらえる印象的な仕上がりになっている。

ワシコウスカが演じるのは、周囲から隔絶された大きな屋敷に暮らす、研ぎ澄まされた感覚の持ち主インディア・ストーカー。ポスターには、インディアを象徴するかのように繊細なタッチで木々や草花、物語の重要なアイテムが描かれている。また、インディアの母親に扮したニコール・キッドマンが、ワシコウスカの左胸付近に配され、存在感を放っている。

「オールド・ボーイ」や「渇き」などで高い評価を得た、韓国の鬼才パク・チャヌク監督のハリウッドデビュー作だ。「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラーが8年の歳月をかけて完成させた脚本に心を奪われ、ハリウッド進出を決意。主人公のインディア(ワシコウスカ)は、18歳の誕生日に良き理解者だった父親を事故で失ってしまう。母親(キッドマン)とともに参列した葬儀に、長年行方不明だった叔父チャーリー(マシュー・グード)が突然現れ、3人は一緒に暮らすことになる。しかし、チャーリーの出現を境に、インディアの周囲で不可解な出来事が起こり始める。

「イノセント・ガーデン」は、5月31日からTOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテほか全国で公開。

■関連記事
【動画】「イノセント・ガーデン」予告編
ミア・ワシコウスカ、「ジェーン・エア」に続き「ボヴァリー夫人」に主演
シャーリーズ・セロン「親切なクムジャさん」ハリウッドリメイク版に主演
河瀬直美監督、アン・リー監督、N・キッドマンらカンヌ映画祭審査員に
「プリズン・ブレイク」ウェントワース・ミラー、心理スリラーを脚色