東京都・グッチ新宿で、紫舟「水滴々 人歩々」展を開催 -”革新+伝統”の書家

写真拡大

グッチ ジャパンは4月27日〜5月19日、東京都・グッチ新宿 イベントスペースにて書家・紫舟による「水滴々 人歩々(みずてきてき ひとてくてく)」展を開催する。

紫舟氏は、日本の伝統的な書を、新しい技術で立体やアニメーションで表現するなど、革新的な創作活動を行っている書家。文字に表情・感情のある意志を吹き込むことで、書を言葉の壁を超えたコミュニケーションの手段として発信している。

同展では、海外のアートシーンで高い評価を得ているインタラクティブ・アニメーションの新作「瀧心図(takikokorozu)」をはじめ、水に対峙する日本の思想をテーマに制作されたモビールや金屏風の作品によって、書の伝統と革新を同時に体感できるという。

また、”時を超えて飛翔する”というグッチのイメージにインスパイアされて六曲屏風二隻に描かれた龍と書の大作など、ほとんどの作品が初公開となる。

会場はグッチ新宿 3階イベントスペース(東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル)。開催日時は、4月27日〜5月19日 11時〜20時。入場無料で、会期中は無休。