「ケラスターゼ IN セラム イニシャリスト」

写真拡大

ボディや肌だけでなく、髪についての加齢による衰えが女性から注目され始め、アンチエイジングケアの製品が相次いで登場している。髪を直接ケアする製品のほか、頭皮に働きかけ毛髪環境を整えるものもあり、スカルプケア市場は約1200億円にまで拡大した。

毛髪の先端研究を進めているロレアルは2013年5月18日、美容室向けブランド「ケラスターゼ」から、洗い流さないスカルプ(頭皮)トリートメント「ケラスターゼ IN セラム イニシャリスト」を発売する。

「リンゴ果実培養細胞エキス」など配合

スキンケア美容液の発想から開発された独自の技術「リジェネ コンプレックス」を採用した。頭皮環境を整える成分が含まれる「リンゴ果実培養細胞エキス」や、ポリフェノールを含み酸化ストレスから細胞を守る「チャ葉エキス」を配合。さらに、細胞の代謝を活性化させ、毛包の環境を整える「グルコリピッド(サフラワーグルコシド)」や、毛髪のダメージを補修する細胞間脂質「セラミド」が入っている。スカルプを保護することにより「髪の生成環境を整え、髪本来のハリ・密度感、しなやかさの維持をサポートする」という。

使用方法は、シャンプー、トリートメント後にタオルで乾かした頭皮に塗る。1度につき、蓋部分についているスポイト4回分が目安で、指を使ってトリートメントを頭皮全体になじませる。スキンケア製品を連想させるソフトでフレッシュな洗練された香りが特長だ。価格は5250円。

「ケラスターゼ IN セラム イニシャリスト」を一足先に体験できるイベントとして、日本ロレアルは4月29日〜5月6日、東京・渋谷区の表参道ヒルズ 本館 大階段で「KERASTASE EXPERIENCE」を開く。