●勇者、心の温かさに触れる

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©和ヶ原聡司/アスキー・メディアワークス/HM Project

<キャスト>
真奥貞夫/魔王サタン:逢坂良太
遊佐恵美/勇者エミリア:日笠陽子
佐々木千穂:東山奈央
芦屋四郎/悪魔大元帥アルシエル:小野友樹
漆原半蔵/悪魔大元帥ルシフェル:下野紘
鎌月鈴乃:伊藤かな恵
鈴木梨香:西明日香
木崎真弓:内山夕実
志波美輝:斉藤貴美子

●ストーリー
「はたらく魔王さま!」は勇者に敗れ、異世界エンテ・イスラから現代日本の東京にやっていき魔王サタンが、日本経済の荒波にもまれながらフリーターとして働く庶民派ファンタジー。
魔王を追って日本にやってきた勇者エミリアもまた、テレアポとして生計を立てている。

魔王と勇者でありながら、額に汗して働く二人が東京で再会することになり――?
●地震!
エミリア「魔王が人を助けるなんて…。」

突然の大地震で地下の喫茶店は崩壊、そこにいたエミリアと魔王は閉じ込められますが、一時的に魔力が使えるようになった魔王は人命救助を行います。それを見たエミリアはかつての魔王の所業を考えると信じられないようです。
●エミリア、少女の頃
エミリアは少女の頃、異世界エンテ・イスラの農村に住んでいました。そこで彼女は父や母と貧しいながらも平和に過ごしていました。

ある日、彼女を迎えにきた司祭、彼女は勇者として育てられる事になります。しかし、彼女が旅立って数日後、魔王軍の悪魔大元帥ルシフェルによって故郷は全滅、両親も殺害されてしまい彼女は天涯孤独の身となったわけですが…。

魔王「エミリア。お前、走馬灯でも見ているような目をしていたぞ!」

かつての魔王とは見る影も無い今の魔王(真奥貞夫)、そんな彼を見て彼女は何を思うのでしょうか?
●地震の原因は
今回の地震は自然現象では無く、何者かの仕業と見る魔王。佐々木千穂に対する幻聴のような声、エミリアへの不可解な電話、それらは異世界エンテ・イスラの誰かで魔王かエミリアに対して恨みを持つ者と彼は推測しているようです。

アルシエル「すみませ〜ん!エミリアのみならず敵の接近にも気付かず、おまけに魔王様にまで助けられて…。」

アルシエルはかなり落ち込んでいるようです。ちなみにエミリアと言えば…。
●エミリアと鈴木梨香
鈴木梨香「エミリア!」

エミリアは勤務先の同僚の鈴木梨香に誘われ、その日は彼女の家に泊まる事になります。彼女は神戸出身で幼少の頃にあった地震のトラウマで、その話題には触れられたくないようです。

※その神戸の地震が兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)だとすると、鈴木梨香が2〜3歳の頃の話になります。

ところがエミリアは彼女が神戸出身だと聞いても全く地震の話題には触れなかったため(エミリアがその神戸と地震の関係性についての認識が無いかもしれません)、鈴木梨香は改めて彼女との親交を深めます。
●魔王が人を助ける理由
エミリアはそのまま鈴木梨香の家に泊まり、お風呂に入りながら考えます。

エミリア「あいつ(魔王)は何を思って人を助けたの?」

そして翌日、エミリアは魔王の家に借りた1000円を返すために訪問します。そこで先日の地震のときの話をして帰ろうとしますが…。

魔王「エミリア、ここの階段滑りやすいから…。」
エミリア「キャッ!」


言ってるそばから階段を滑り落ちるエミリア。彼女は擦り傷だらけになってしまいます。あまりの情けなさに憮然とするのですが…。

エミリア「魔王なら魔王らしく悪行の限りを尽くしなさいよ!」

真面目に働き、女子高生の彼女(佐々木千穂)にもモテモテの魔王に対して、異世界にいたときと比して、あまりの変貌ぶりにやり切れない怒りを感じているようです。

そんな魔王が人助けをするのは信じられないのも無理は無いかもしれません。
●悪魔大元帥ルシフェル
その現場に佐々木千穂がやってくるも、彼女は魔王とエミリアが恋人同士だと勘違いして泣きながらその場を立ち去ります。

そして彼女と出会った新たなる異世界の者、悪魔大元帥ルシフェル!

彼はかつて魔王の腹心であった存在ですが、彼の目的は一体…。


「はたらく魔王さま!」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「はたらく魔王さま!」第3話「魔王とデート!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「はたらく魔王さま!」第2話「勇者エミリアの日常」(ネタばれ注意)
【アニメ】「はたらく魔王さま!」第1話「魔王はファーストフード店でアルバイトをはじめた。」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「はたらく魔王さま!」TVアニメ公式Webサイト
「はたらく魔王さま!」AT-X公式Webサイト