トマス・ハリスの小説で、同名映画化された『羊たちの沈黙』に登場する殺人鬼ハンニバル・レクターを主人公にしたNBCのTVシリーズ『Hannibal』が、先日のボストン・マラソン爆破事件を受け、一部エピソードを削除したことがわかった。

【関連記事】【お先見!海外ドラマ日記】連続猟奇殺人犯ハンニバル・レクター博士の正体はいつFBI捜査官に見破られるのか!? 背筋が凍るサイコ・スリラー『Hannibal』

The Hollywood Reporterによると、TV放送から削除されたのは『Hannibal』の第4話「Ceuf」。子供が他の子供を殺害するというショッキングな内容だったという。ボストン・マラソン爆破事件発生直後ということもあり、このエピソードのTV放送は見送られたが、制作側は現在これを6パートに分けた縮小版をWEBエピソードとして配信している。

配信されたのは第5話の放送前日で、クリエイターのブライアン・フラーはその理由について「我々は、ストーリーを知ってもらうために全てのシーンを見て欲しかった」とコメント、また今後、複雑になっていくハンニバル・レクター博士(マッツ・ミケルセン)と、アビゲイル・ホブス(ケイシー・ロール)との関係性を色濃く示しているエピソードでもあると説明している。

アメリカでは削除されてしまったが、国際市場に出た場合にはそのまま放送するとのこと。フィクションとはいえ、時期が悪かったようだ。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
ハンニバル・レクター博士が登場する新ドラマ『Hannibal』の放送曜日は「呪われた魔の時間帯」!?
米NBCの新ドラマで殺人鬼ハンニバル・レクター博士を演じる俳優が決定!
ファンの寄付金で実現した『ヴェロニカ・マーズ』の映画化に、『プッシング・デイジー』のクリエイターも興味シンシン!?