境 真良さん

写真拡大

■メールは埋もれるがFBなら反応がある

経済産業省の境真良さんはツイッターの利用について「自分をどう立たせるかは意識している」と話す。

専門はコンテンツ産業。通商産業省を振り出しに、東京国際映画祭の事務局長や早稲田大学大学院の客員教授を務めるなど、職場を移りながらキャリアを重ねてきた。2冊の著書があり、官職ではなく、境さんを指名した仕事も少なくないという。

「個人と組織との関係は意識しています。がっつりと仕事には絡めていませんが、周囲には『これが境の仕事のスタイルなんだ』と理解してもらえている。集中して1人で考えるよりも、対話の中でアイデアがまとまる性分なので、助かっています」

ソーシャルメディアでは個人が前に出るため、公私を切り分けるのが難しい。境さんは、勤務時間中にはツイートを自粛することで、ケジメをつけている。始業や終業、昼休みの前後には「フォームチェンジ」とつぶやくのが通例だ。一方で、その面白さは、やり取りが活発なところにある。メールや電話と異なり、不特定の人たちに見られることで、思わぬ反応がリアルタイムに返ってくる。知り合い同士のやり取りを、公開の場で行うのは、一見すると奇異に思えるが、いずれも、最初は思わぬ反応から始まる。

「ある程度は読者を想定しつつ、不特定の読者と共有するところが面白い。面識がない相手でも、相互にフォローしていれば、リアルで会ったときに話がスムーズ。人脈といえばあざといですが、つながりはできる」

境さんのアイコン画像は漫画家のゆうきまさみさんの作品を転載したものだ。これもツイッターを介したつながりの一例といえる。

12年2月時点のフォロワーは約9500人。注目度は決して小さくない。ツイートをするうえでは「特定の誰かを非難しないようにしている」と話す。

「非難と批判は違います。批判は対象の主体が入れ替わっても成り立ちますが、非難は対象そのものに向くもの。非難は感情の軋轢を生み、トラブルを招きかねません。息をするようにつぶやいていますが、緊張もしている。そのバランスが心地いい」

外資系IT企業に勤める楠正憲さんは、07年4月からツイッターを利用する古参ユーザーだ。12年2月時点のフォロワーは約1万8000人。だがネットでのコミュニケーションはFBが主軸になりつつあるという。

「ツイッターはテレビに近い。リアルタイムに流行を追いかけるには便利ですが、議論を深めていくような使い方には向いていないと思います」

ツイッター上のやり取りは原則公開だ。またやり取りを外部で記録する「まとめサービス」の登場で、発言がいつまでも残るようになった。このため、思わぬ形で激しいバッシングを招くことがある。

「日本社会は個人主義になっていません。ビジネスパーソンが問題発言をすると、所属する組織にプレッシャーをかける。ツイッターは以前より窮屈な感じがします。私の周囲ではFBのほうが議論が活発です」

一部ではメールを代替しつつもある。セキュリティの厳しい大企業や官公庁では自宅や外出先ではメールが見られない。しかも大量の同報メールに埋もれる。FBは個人間のやり取りだから、埋もれにくい。

「ビジネス上でのコミュニケーションの軸が、どんどんソーシャルメディアに置き換わっていますね」

実名登録も前提になりつつある。楠さんは一時期、ブログを仮名で書いていたが、08年に「青少年ネット規制法」の制定が議論された際、自民党による法案の問題点を指摘するため、実名とした。

「身元を明らかにしなければフェアではないと感じたからです。ブログは所管官庁でも広く読まれ、議論の土台になったように思います。そのためには、個人として認識され、信用を得る必要がありました」

実際、楠さんは法案の審議において、政府参考人として参議院で答弁する機会を得た。現在は内閣官房での職務も併任している。

リアルとバーチャルで人格を分けるという方法もあるが、楠さんは「両方を紐付け、1つの自分として利用したほうがいいと思った」という。

「ツイッターやブログでは『ファン』をつくることはできますが、それだけで仕事に役立つ人脈をつくるのは難しい。人脈につなげるには、1対1の関係性をつくる必要があります。一方で、発信していけば、呼び水のように情報が集まってくる。専門家からコメントが付き、そこからリアルの人脈にもつながる。紐付けることで、オンラインの活動が、リアルの自分にとっての資産になります」

■「環境」が変われば戻ることはない

佐藤尚之さんは、常にネットの最先端を走ってきた人だ。「さとなお」のペンネームで、95年より個人サイト「www.さとなお.com」を運営。食や旅関係のブログ記事は好評を集め、ペンネームだけで9冊を上梓している。08年からはツイッターを開始。鳩山由紀夫元首相がツイッターを始めたのも、著名ブロガーとして食事会に招かれた佐藤さんが、利用を勧めたことがきっかけだ。

とりわけ東日本大震災を巡っては、佐藤さんの活動が大きな成果を挙げた。所属先の電通とは関係なく、ネットを介してできた政府とのパイプを活かして、ボランティアに奔走。11年3月22日には復興支援情報の共有サイト「助けあいジャパン」を立ち上げた。政府の「震災ボランティア連携室」と協力しながら、ボランティアの受け入れ状況などを集約するもので、「民に官が情報を提供する」という民間のプロジェクトとして続けられている。運営スタッフもソーシャルメディアで募った人たちだ。

11年3月末に電通を退職したが、独立は震災以前から決めていたことだった。きっかけはソーシャルメディアの登場だった。

「これまで会社員は、組織のために機能する歯車の役割しか担えなかった。でも、ソーシャルメディアの時代になると『電通の佐藤』では、もう古い。『佐藤がいる電通』として動くべき時代になっています」

佐藤さんは、著書『明日のコミュニケーション』の中で「ソーシャルメディアの本当の楽しさ・便利さは実名登録してから始まる」と書いている。「個の時代」を迎えるうえで、発信のできない人は「割を食うようになる」と話す。

「その昔、馬車が発明されたときにも、『馬車は速すぎて、人間の生理に合わない』という意見があったといいます。自動車や電話と同じで、環境が変わってしまえば、もう戻れない。ソーシャルメディアを『苦手だから使わない』というのは個人の自由。でも、それは電話番号を持たずに生きていくようなものでしょう」

佐藤さんは「12年はブログの年だ」という。ツイッターやFBは情報が流れるフロー型。一方、ブログは情報を貯めるストック型だ。ストック型の利点は、情報のコンテクスト(文脈)を見せられるところにある。95年からほぼ毎日更新されてきたブログには、4200件を超える記事がある。この蓄積は「個」を際立たせる。なかなか真似できそうにないが、佐藤さんは「書くと決めればネタはできる」と話す。

「更新を続けることは、自分の考えをまとめるうえでとても役に立ちます。仕事のことでも、具体的な内容に触れずに書くことはいくらでもできる。アウトプットのないインプットは意味がありません。発信が止まらないように、長続きさせることを考えながら始めるといいですよ」

----------

境 真良
1968年生まれ。93年通商産業省入省。経済産業省メディアコンテンツ課課長補佐、早稲田大学大学院客員准教授などを経て、現在は経済産業省国際戦略情報分析官(情報産業)。著書に『Kindleショック』など。

楠 正憲
1977年生まれ。大学在学中から黎明期のECサイトの立ち上げに従事。02年より外資系IT企業にて技術渉外や国際標準化活動に取り組む。03年より政府関係の委員を歴任し、11年より内閣官房の補佐官を併任。

佐藤尚之
1961年生まれ。電通にてコピーライター、CMプランナー、コミュニケーション・ディレクターなどを歴任し、JIAAグランプリ、新聞広告賞グランプリ、ACC賞などを受賞。2011年4月に独立。

----------

(大山貴弘=文 遠藤素子=撮影)