「アベノミクス」を資産運用にどういかせばいい?--シティバンク銀行に聞く

写真拡大

前回のシティバンク銀行の尾河氏へのインタビューでは、円安・株高が進んだ要因や、「アベノミクス」はまだまだこれからが本番で、3本目の矢である「成長戦略」が重要であることなどをお伺いした。今回は、「アベノミクス」でがらりと変わった経済情勢を受けて、個人が自分の持っているお金をどのように運用していけばいいかなどについて、シティバンク銀行のリレーションシップマネージャーの荒木孝浩氏にインタビューした内容を紹介したい。

――「アベノミクス」では円安のトレンドが続き、「成長戦略」が実現されれば、日本経済も本格的に好転することを尾河さんから伺いました。そこで荒木さんにお聞きしたいのですが、こうした状況が、個人の資産運用に与える影響はどのようなものなのでしょうか?

為替相場水準が変動し、株価が上昇していますので、購入したタイミングにもよりますが、投資をしている個人の資産は増えています。上昇トレンドというのもここまで長続きするかどうかというのが、はっきりと確信を持てない方も多かったと思いますが、それは尾河の話にもあったように、最初は政策に対する期待感というものが強かったので、実際にまだ政策が実行に移されていないということもあったように思えます。

――前回尾河さんが、今後円安、株高のトレンドは続くだろうとおっしゃっていて、我々もワイドショーや週刊誌でもそういう株高や円安ですよということを情報として得ているわけですが、個人として株式もやったことがない、外貨預金もやったことがないという人が、何をきっかけに資産運用を始めればいいのでしょうか。

きっかけはいろいろあると思います。例えば少子高齢化であったり、将来の年金に対する不安であったり、いつ病気になって収入が減るかもわからなかったり。資産運用を始めるということは、そういうときのために自分の金融資産をしっかりと価値あるものとして蓄えておかなければいけない、ということがあります。

例えば、自分が60歳、65歳になって安定したキャッシュフローが得られなくなったときのために金融資産を準備しておかなければならないのです。現在の回復期待感の中で始めるというのは、きっかけとしてはいいのかもしれません。ただ、そういった状況でなくとも、資産運用は、早く始めることにこしたことはないと思います。

――なるほど。きっかけして、この景気回復があったとしても、いずれにしても将来への備えはしなければならないということですね。では、そうした備えは、何歳ぐらいから始めた方がいいのでしょうか。

早く始めれば始められるほどいいです。それだけ運用期間を長く持つこともできますので。また、一度に全資産を投資するのではなく、少しずつ投資資産を増やしていくことで、短期的な市場変動の影響のリスクを抑えることができると言われてます。。

――最近の新入社員は、初任給の使い道として、貯金したいという人が多いなどというアンケート結果もあります。ただ、貯蓄という資産運用の方法には、インフレというリスクもありますよね。また、インフレになると通貨の価値も下がるわけですから、円建てで資産を持っているリスクもあると思います。その辺りはいかがでしょうか。

インフレになってくると円の価値が下がる、物の値段が上がるという、それに対抗していくには、円の預金、低金利のものだけでは足りないわけです。その価値を維持、成長させていくために、外貨を持つ意味はあると思います。株式もそうです。インフレに強い資産ですね。

――インフレに強い資産というと、やはり株式になるのですか。

代表的なのは株式です。

――あとは外貨になるのですか。