複雑な思いを抱えた女性に体当たりで挑んだ真木よう子
 - (C) 2013「さよなら渓谷」製作委員会

写真拡大

 女優・真木よう子が7年ぶりに映画単独主演を務める『さよなら渓谷』の予告編が公開され、胸に渦巻く複雑な思いを抱えた女性にふんする真木の渾身(こんしん)の演技が明らかになった。

 一見ごく普通に見える夫婦(真木、大西信満)に隠された秘密をひも解くことで、愛とは何かを問う本作。原作は、『悪人』『横道世之介』など映画化が相次ぐ吉田修一の同名小説で、『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣監督がメガホンを取った。

 真木ふんする主人公・かなこの吐息が響き渡り、お互いの心を確かめ合うように激しく求め合う夫婦のシーンから始まる予告編。穏やかな表情から一転して激高する姿までを演じきっている真木の実力も圧巻で、どこかミステリアスな雰囲気を漂わせた繊細な人物像の確立に成功している。

 幼児殺害事件をきっかけに15年前の事件が発覚し、夫婦二人が被害者と加害者の関係であることが明らかになる『さよなら渓谷』。「憎しみ」「償い」などをキーワードに、究極の愛の形が映し出されていく。共演は大森南朋、鈴木杏、井浦新、新井浩文、鶴田真由。シンガーソングライターの椎名林檎が書き下ろした主題歌「幸先坂」を真木が歌っていることも話題だ。(編集部・小松芙未)

映画『さよなら渓谷』は6月22日より全国公開