腰痛治療のため、5月の全日本選手権不出場を発表した女子体操・田中理恵(25)の身辺が、にわかに慌ただしくなっている。
「世界選手権の代表選考会を兼ねた重要な大会ですから、出場できないのは痛恨ですよ。田中は母校の日体大で教員をしながら現役を続行していますが、引退の噂が絶えません。今回の欠場を機に、決意するかも」(スポーツ紙記者)

そんな田中に"熱視線"を送る御仁が。
「サニー千葉こと千葉真一さんです。関係者を通じて、女優転身を口説いているようです」(映画業界関係者)

千葉は田中と同じ日体大体操部のOB。五輪前に日体大が主催した壮行会の席上、「アクション女優にならないか」と田中を口説いたのは有名な話。田中も「いろいろな人生を楽しみたい」と、意味深に応じている。
「美形の誉れ高い田中の引退を見越して、芸能プロが争奪戦の最中ですが、当人はキャスターやタレントには興味がない様子。"ずっと体操と関わっていきたい"というのが本音ですから、体操で培った体技が活きるアクション女優は、望むところかも」(前出・記者)

千葉サイドは"RIE"の芸名で国際女優にする計画を温めている様子。田中の演技が拝める日も近い!?

週刊大衆4月29日号