特製パンティをかぶった観客と記念撮影

写真拡大

俳優の鈴木亮平が4月25日、東京・新宿バルト9で行われた「HK 変態仮面」の大ヒット御礼舞台挨拶に、ヒロイン役で共演する清水富美加、メガホンをとった福田雄一監督、原作者のあんど慶周氏とともに出席。「おととい、この映画館に見に来たんですよ。混雑していると聞いて、2時間前にチケットを取って。平日のお昼の時間帯なのに、たくさんのお客さんが来ていた」とヒットを肌で実感したそうで、「もちろん、これで終わらせる気は毛頭ない」と続編に意欲を見せた。

現在全国22スクリーンで上映中の本作は、大型連休突入を前に、さらに上映館が拡大するといい「大型作品がひしめくゴールデンウィークに、変態仮面らしく戦いに臨みたい」(関係者)。映画は女性用パンティをかぶることで、内に秘めた変態パワーを覚醒させ、悪と戦う異色ヒーロー“変態仮面”の活躍を描く。この日は、上映前に配布された特製パンティをかぶった観客に出迎えられ「圧巻ですね」(鈴木)、「なぜ公開初日にやらなかったんですか(笑)」(福田監督)と驚きの声をあげていた。

限りなく全裸に近いヒーローコスチュームも話題で、福田監督は「約2カ月間、研究に研究を重ねた」。それでも激しいアクションをこなすなかで、局部が見えてしまうこともあり「CGで消す作業が多かった」と苦労を明かした。鈴木も実際にポーズをとりながら、撮影を振り返り「きっと(清水演じる)愛子ちゃんには、(局部が)見えていたよね?」(鈴木)、「はい、見えていました」(清水)と暴露話で盛り上げた。

原作者のあんど氏は「本当に動いているっていう感動で、ジーンとくるものがあったよ」と20年以上前に生み出した原作の実写化に、感無量の面持ち。鈴木の“変態仮面”ぶりに「そのまんまですよね!合格です」と太鼓判を押すと、客席からは大きな拍手が起こっていた。

■関連記事
鈴木亮平「変態仮面」初日に感激&手ごたえ「これが映画だ!」
「変態仮面」台湾のプレミア上映で爆笑の渦 主演の鈴木亮平も大満足
片瀬那奈、ボンテージで鞭打つ「変態仮面」ドSの母親 撮影は「激しすぎて…」
実写版「ガッチャマン」総額2000万円のGスーツ姿が公開 追加キャストも発表
「仮面ライダーフォーゼ」「変態仮面」ヒロインの清水富美加、初写真集を発売