グウィネス・パルトロウ

写真拡大

先日、当サイトでもお伝えした通り、米Star Magazineによって選出された「最も嫌われているセレブ20人」で、ぶっちぎりの第1位を獲得したグウィネス・パルトロウが、なんと今度はPeople誌の選ぶ「世界で最も美しい人」に輝くというハプニング(?)が起きている。
 
「嫌われセレブ」から一転、素晴らしい栄光に輝いたグウィネスであるが、メディアの対応は冷ややか。starpulseによれば「選ばれるのは、なぜか決まって新作や新プロジェクトが控えている人ばかり」だそうで、「ニコール・キッドマンが入っていないのは今、特に宣伝するプロジェクトがないから」とまで言われている。

これもすべて自身の料理本『It's All Good』の出版記念ツアーに忙しく、さらにアクション大作映画『アイアンマン3』の公開を控えているグウィネスのプロモーションなのでは...と揶揄されており、悲しいかな、ここでも"嫌われセレブ"の実力を発揮してしまった。美しさと好感度は比例しないということか!?

People誌の選ぶ「世界で最も美しい人2013」は以下の通り

1位.グウィネス・パルトロウ
2位.ケリー・ワシントン
3位.アマンダ・セイフライド
4位.ズーイー・デシャネル
5位.ジェーン・フォンダ
6位.ジェニファー・ローレンス
7位.ケリー・ローランド
8位.ハル・ベリー
9位.ドリュー・バリモア
10位.PINK
(海外ドラマNAVI)



■関連記事
「最も嫌われているセレブ20人」トップは意外なあの女優!
ズーイー・デシャネル、ボストンマラソン爆破事件の容疑者としてTV放送される
アカデミー賞3部門受賞! 2012年興行収入No.1作品『レ・ミゼラブル』ブルーレイ&DVD発売決定