人気俳優のマット・デイモン (c)Hollywood News

写真拡大

俳優のマット・デイモンが、自身が太って服が着られなくなった時に、俳優のジョージ・クルーニーのイタズラだと思ってしまったと語った。

イタズラ好きで有名なジョージと、映画『オーシャンズ』シリーズで共演したマットは友人同士。そんなマットはジョージのイタズラにひっかかったと勘違いしてしまう出来事があった。

マットは、「2年くらい前に、僕はエクササイズしていない時期があって、それで少し太ったんだ。会合に行かなくてはいけなかったんだけど、スーツを着た時に、すごくきつくなっていたんだ」と語ったとファッション誌「コスモポリタン」は伝えている。

続けて、「それで、すぐに思ったのは僕の友人のジョージ・クルーニーが、誰かを雇って、僕のクローゼットに入らせて、服を小さくしてしまったと思ったんだよ。真剣にね。僕の妻がとても優しく、『あなたの体重が増えたとは思わないの?』って聞いてくるまでそう思っていたさ」と明かした。

マットはジョージがかなり手の込んだイタズラを仕掛けたと思ってしまったようだ。それにしても、真っ先にジョージが頭に浮かぶとは、よっぽど彼はイタズラ好きなのだろう。【馬場 かんな】